お気に入りに登録

【連載】これで対応に困らない! せん妄の基本

第18回 せん妄に対するチームアプローチ-岡山大学病院せん妄対策チームの取り組み-【実践編2】

執筆 井上 真一郎(いのうえ しんいちろう)

岡山大学病院精神科神経科 助教

Drinoue yubi3

大きな手術後やがんの終末期などに極めて高頻度にみられる「せん妄」。せん妄は、注意力や意識が低下することで患者さんが転倒・転落したり、幻覚が見えて暴れたりと治療を大きく阻害するものです。特に低活動型のせん妄は見落としがち。本連載ではそんなせん妄へのアプローチ法をやさしく解説します。


今春から外科病棟に配属された看護師のAさん。 担当患者さんが手術後にせん妄を発症したことを機に、せん妄について体系的な講義を受けました(第1回第16回)。その知識を実臨床で活かすべく、再び井上先生に伺いました。

岡山大学病院でのせん妄への取り組み

看護師さん:「私の病院では、今度せん妄対策に取り組むことになりました。先生の病院では、どのようなせん妄対策をしているのですか?」

井上先生:「岡山大学病院では、術後せん妄の一次・二次予防に力を入れています。せん妄の一次予防とは『せん妄の発症を防ぐこと』、二次予防とは『せん妄を早期に発見し治療およびケアをすること』ですね」

看護師さん:「いずれもとても大切なことですよね。どのような患者さんを対象にしているのでしょうか?」

井上先生:「手術予定の患者さん全員を対象とはしていません。
高齢・認知機能低下・頭部疾患の既往など、前に勉強した『準備因子』を複数有しているような、『せん妄ハイリスク患者』が対象です(第9回講義参照)」

看護師さん:「なるほど。せん妄になりやすい患者さんをあらかじめ把握して、対策を立てるわけですね。
では、なぜ術後せん妄をターゲットにしたのですか?」

井上先生:「例えば、緩和医療でもせん妄はよくみられますが、原疾患の進行に加えて、高カルシウム血症やオピオイドなど、直接因子が複数であることがほとんどです。
その点、術後せん妄はせん妄の直接原因が『手術』とシンプルであり、せん妄発症の時期が『術後』と予測が立つため、対策がマニュアル化しやすいと言えます」

看護師さん:「よくわかりました。では、せん妄対策の内容を具体的に教えて下さい」

次のページは「せん妄対策の具体的な内容です」

ページトップへ