お気に入りに登録

【連載】Dr.パクのドタバタ離島医療奮闘記

第14回 夜間救急―患者さんのヘルスリテラシーを高める

執筆 朴 大昊(ぱく てほ)

鳥取大学医学部地域医療学講座 助教

Np drpaku pic

看護師は夜勤のラウンドや訪問看護など、患者さんの健康状態を確認する機会が多くありますが、患者状態を適切に判断するためには、プライマリ・ケアの技術が大いに役立ちます。

本連載では、拠点病院などによる後方支援を期待できない土地で、医療・検査機器などもない患者宅で医療を提供する「へき地医療」を通じ、“究極のプライマリ・ケア”と地域医療の実際を解説します。


「夜間救急」「コンビニ受診」はもう言い古されたぐらいに有名な、医療の問題です。時間外受診や救急対応をする医師は疲弊しており、“軽症で夜中に救急を受診するのは控えましょう”といった啓蒙は様々なところでなされています。

通常、救命救急センターなどの救急医は「救命」することが仕事です。

貴重な救急のマンパワーを使って、患者さんのナラティブな経験、文脈を理解した上での状況判断は、むしろしてはいけないのです。

ですから、心肺停止で救命センターに行けば看取りではなくて心肺蘇生が待っていますし、そこに考える時間はありません。じっくり考える場ではなくて、そんな暇があったら治療する場所なのです。

>> 続きを読む
ページトップへ