お気に入りに登録

【連載】ナースのための社会人マナー

【看護師のマナー】第42回 病院内で働く他職種との連携が大切です

監修 竹股喜代子

亀田総合病院 前看護部長

監修 永井三枝

亀田総合病院 師長

編集 ナース専科編集部

月刊「ナース専科」編集部

2013 ns logo tate format rgb     03 min

Mana ajax.php 2

新人ナースのための社会人マナーブック。今回は「病院内で働く他職種との連携の大切さ」をお話します。


みんなが患者さんのために働いている

病院では、ナースや医師だけでなく、さまざまな職種の人が患者さんの病気の回復のために働いています。ナースや医師同様、どの職種の人たちも、患者さんのために、という目的をもって仕事をしています。同じ病院で働く仲間として、お互いの仕事を理解し合い、協調し合って仕事を進めたいものです。

一見、看護とはかかわりが少ないと感じる職種も、患者さんのために欠かすことのできないものです。ただ、それぞれの分野の専門職として働く人たちは、ナースほど患者さんとのかかわりが深くないことも確かです。

だからこそ、患者さんのもっとも身近で働くナースは、他職種の人との連携を上手に行い患者さんの役に立つようコーディネートする立場にいるのではないでしょうか?

自分たちの世界の中だけで患者さんを看るのではなく、みんなで役割分担をして、患者さんのために働いているのだという認識が大切なのです。実際には、患者さんの状況を的確に判断し、どの専門職の方に、どのタイミングで協力してもらうのがよいのか、などを見極める力が必要です。まずは、それぞれの職種の専門性、役割などをきちんと理解しましょう。

病院内で働く専門職としては、薬剤師、臨床検査技師、臨床工学技士、診療放射線技師、栄養士、理学療法士、作業療法士などの方たちが、直接患者さんにかかわって働いています。

それ以外にも、病院内のあらゆる施設設備を管理する電気やボイラーなどの技師もいます。事務員や病院ボランティアの人、医療廃棄物処理をする係の人などなど、病院にはなくてはならない存在の人ばかりです。

直接看護するのはナースかもしれません。ですが、病院は、そういった「縁の下の力持ち」的な存在の人たちに支えられて成り立っていることを忘れないでください。それぞれがそれぞれの役割をきちんと果たすことで、患者さんによりよい診療、看護を受けてもらうことができるのです。他職種の人たちとも積極的にコミュニケーションをとりましょう。

>>次ページは、「医療系の他職種」を紹介します。