【連載】実践!エンゼルケア

第8回 エンゼルメイクの目的④死後硬直をふまえた保清『口腔ケア』/臭気予防のための『眼内ケア』

解説 小林光恵

「エンゼルメイク研究会」「看護に美容ケアをいかす会」代表

患者さんがご臨終を迎え、本人の人格やその尊厳を失わないよう、ご遺体がケアする人の手を離れるまでケアを行なう「エンゼルケア(逝去時ケア)」。本連載ではそのエンゼルケアの実践法を解説します。


▼エンゼルケアについて、まとめて読むならコチラ
エンゼルケア(逝去時ケア)とは?目的・手順など


 第7回で、死後硬直の速度や強さには体の状態や環境などの関係で個人差があるというお話をしました。

 死後硬直は、硬直した状態が続くのではなく全身が硬くなってピークがくると、その後、酵素の働きや腐敗の進行などで筋肉組織の崩壊が進み、「弛緩状態」になる流れがあります。今回は「弛緩→硬直→弛緩」の流れの中で、必要なエンゼルケアのひとつ『保清ケア』について解説します。

死後硬直をふまえた保清ケア

 死後硬直には「弛緩→硬直→弛緩」の流れがあります。硬直は、顎硬直(1~3時間)→全身硬直(3~6時間:上股硬直→下股硬直)→弛緩状態(おおむね死後2~3日程度で硬直は弱くなり4日以降に消失する)という順で進みます。

 死後硬直の流れの中での保清ケアを、どのタイミングでやっていくか、どこの保清を行なうかがポイントになってきますが、早めに行ないたいのが『口腔ケア』です。


 死後の早い段階に臭気で問題になるのは口の中の汚れが原因となる場合が多いということと、硬直する前は口元が開きやすいためです。口腔ケアは一番先に行うのが望ましいでしょう(臨終後1時間以内)。

 歯ブラシ、スポンジブラシ、ガーゼなどマウスケアのグッズを使用し、できる範囲でケアします(口腔ケアの詳しい実施方法は『ナースのための決定版エンゼルケア』P42をご覧ください)。

臭気予防としての保清『眼内ケア』

 『眼内ケア』の目的も口腔ケア同様、臭気発生の予防です。まぶたの内側に溜まっている分泌物などが臭気につながる場合がありますので、可能な範囲で除去します。

 ご家族へは「目やにやまぶたの下の分泌物が臭いのもとになることがありますので、できるだけ拭いたいと思います」などと説明するとよいでしょう。綿棒や小ガーゼを使用して拭います。水を吸引した注射器で眼洗浄をしてもいいでしょう(眼内ケアの詳しい実施方法は『ナースのための決定版エンゼルケア』P43をご覧ください)。

顔のうっ血についての注意点

 急性心機能不全で亡くなった方の中には、ギョッとするようなつらいうっ血が出ることがあります。

 ご遺体にうっ血が出たのを見て、病院の人に殴られたと思ってしまったご家族もいらしたので、勘違いやつらい気持ちが心に残らないように事前の配慮が大切です。

 急性心機能不全で亡くなった方のご家族には、もしかしたらうっ血が出るかもしれないと事前に伝えましょう。退院時文書に盛り込むのもよい方法です。

 次回は「エンゼルメイクの目的⑤家族の意向・希望・思いを考える」について解説します。

ページトップへ