お気に入りに登録

【連載】泣いて笑って訪問看護

第16回 『頑張れ!』―現場でのもどかしさと利用者様への思い

執筆 川上 加奈子(かわかみ かなこ)

株式会社のものも よつば訪問看護リハビリステーション 看護主任

Kawakami02

Np 218772 icon2

医療の場が在宅へと比重が高まるものの、まだまだ知られていない訪問看護。ここでは訪問看護の実際について、エピソードを通じてご紹介します。


利用者様の状態が悪化した

私の大好きなYさんを今日、この手で救急搬送した。

訪問時、血圧が58しかなく、体内酸素も85%で意識朦朧。

朝から二回も吐いており、娘さんもただならぬ気配を感じ、仕事もお休みして看病して下さっていた。

脚はいつもに増して浮腫み、ところどころに内出血がひろがっていた。

血圧をあげるために、いろいろ体位を工夫しても変わらない。

メインの疾患はイレウスであるが、便は出ているからイレウスではない。

ろくに食べれていないため、かなりの低栄養と貧血があり、何がおこってもおかしくはないと覚悟はしていたが、こんなに急に落ちる原因がわからず、頭が混乱していた。

ともかく、先生に報告。 バイタルが在宅レベルではないからと病院搬送の許可をもらい救急車を呼んだ。

わかっていても入院が実現できない

結局入院して採血とCTをとったところ、低栄養からくる浮腫で胸水と腹水がかなりたまっており、かなり貧血も進んでいたため急変したことが判明。

とりあえずアルブミンの点滴をして、明日の朝一で中心静脈栄養をいれることとなったが、「『このまま状態が悪化することもあるため、覚悟はしておいて下さい』と先生から話があった」とお孫さんから泣きながら電話が入った。

もっと早くに入院させてあげられていたら・・・。 悔しくて涙が出た。

>> 続きを読む