お気に入りに登録

【連載】実践!エンゼルケア

第10回 エンゼルメイクの目的⑥エンゼルメイクは看取りの手段になるということ

執筆 小林光恵

「エンゼルメイク研究会」「看護に美容ケアをいかす会」代表

患者さんがご臨終を迎え、本人の人格やその尊厳を失わないよう、ご遺体がケアする人の手を離れるまでケアを行なう「エンゼルケア(逝去時ケア)」。本連載ではそのエンゼルケアの実践法を解説します。


エンゼルケア研究会の活動を続けてきた中で、さまざまな事例を通して見えてきたのが「エンゼルメイクは看取りの手段になる」ということです。

エンゼルメイクには、シャワー浴や簡易シャンプー、お顔のクレンジングマッサージなども含まれます。これらには保清の目的もありますが、エンゼルメイクの場面、場面が、貴重な思い出になる可能性のある行為なのです。

エンゼルケアとは大事な看取りの事実をつくること

エンゼルケアは看取りの場面と考えることが最も重要な点です。たとえばシャワー浴を行う病院の場合は、ご家族のどなたかに入っていただき一緒に洗ったりします。

ここでは、エンゼルメイクが貴重な看取りの場面になったと思われるシーンをいくつかご紹介します。

洗髪シーンで

エンゼルケア研究会では、簡易シャンプーを提案しています。髪の汚れは特に目立つところですから、できれば洗ってあげたいというお気持ちのご家族が多いです。

ナースがシャンプーの段取りをして進めますが、髪を洗う段階でご家族に手を出していただきますと「まさか自分がこの手で頭を洗ってあげられるなんて思わなかった」とおっしゃいます。実はそれがとっても大事な看取りの事実(手段)になりうるのです。「この手で洗ったんだ」という記憶が何年もずっと残ることになるかもしれないのですから。

ご家族が洗髪しているイラスト
※イラストはイメージです

クレンジングマッサージシーンで

お顔のクレンジングマッサージをご家族が実施することは少ないのですが、あるケースでは、奥さまを亡くしたご主人が顔を近づけて一所懸命に時間をかけてマッサージをしました。

>> 続きを読む
ページトップへ