お気に入りに登録

【連載】看護に役立つ生理学

第34回 消化の定義を考えてみよう!

執筆 梵天ゆとり(ぼんてん・ゆとり)

医師、日本医学放射線学会会員

消化器の機能は、数ある臓器系の中でもイメージしやすい反面、それがどのようにして実現されているのか、考えを巡らせることが少ないかもしれません。今回は消化器の機能を支える構造に注目し、単なる「現象」ではなく「機構」として消化器の働きを捉えられるようになりましょう。


消化と吸収

消化器の具体的な構造に触れる前に、消化の概念を整理しておきましょう。

「消化」とは、簡明に定義すれば「食物を吸収可能な形(=栄養素)に変化させること」です消化器の最終目標は消化ではなく吸収消化器の最終目標は消化ではなく吸収であって、どんなに食物の消化を徹底しても、それを吸収することなく排出してしまっては意味がありません。

逆に食物が何の前処理も経ずにそのままの形で吸収可能であったなら、消化という過程は必須ではありません。しかし現実には、吸収のためには入念な消化が必要であり、この前提があって初めて、先ほどの定義が意味をなします。

消化器は多彩なメカニズムによって食物を段階的に消化しており、その働きは「単なる前処理」と片づけるにはあまりにも大きな位置づけを占めています。

また、生体は栄養素をとり入れることでエネルギーを獲得しますが、そのための消化・吸収だけを見ればエネルギーを消費しているということも認識しておきましょう。

消化と吸収説明イラスト

>> 続きを読む
ページトップへ