お気に入りに登録

【連載】木澤晃代先生の『看護の特定行為ってなんですか?』

第2回 「特定行為」「特定行為区分」って何ですか?

執筆 木澤 晃代(きざわ あきよ)

日本看護協会看護研修学校 認定看護師教育課程 特定行為研修担当

Np kizawa akiyo

平成27年10月1日に特定行為研修制度がはじまりました!

特定行為研修制度は、これからの超高齢化社会に向けて、チーム医療のキーパーソンとなる看護師を育成するために創設されました。制度については、厚生労働省のHPに詳細な情報が載せられていますが、制度の話だけではわかりにくく、実際に臨床現場でどのような変化が期待され、どのように活用できるのか、ピンと来ない部分、イメージしにくい部分があると思います。

「特定行為研修が始まったのは知ってるけど、自分には関係ないな~」という方から、「実は、自施設でも研修を始めることを考えている」、「特定行為研修に参加してみたいけど・・・」という方まで、とりあえず、研修の是非より、知っておいても損はないかも~という感じでご覧ください。

「特定行為」「特定行為区分」って?

看護師が行なう「特定行為」や「特定行為区分」とは具体的にどんなことでしょうか? 厚生労働省では、看護師が行なう「特定行為」と「特定行為区分」を以下のように定義しています。

  • 「特定行為」:診療の補助であって、看護師が手順書により行う場合には、実践的な理解力、思考力及び判断力並びに高度かつ専門的な知識及び技能が特に必要とされるものとして以下の38行為であること。
  • 「特定行為区分」:特定行為の区分であって、別紙のとおり21区分であること。

特定行為区分分類表
特定行為区分分類表②

(厚生労働省HPより引用)

>> 続きを読む