お気に入りに登録

【連載】Dr.パクのドタバタ離島医療奮闘記

第15回 医療におけるソーシャルキャピタル―患者の健康を支える医療以外の要因

執筆 朴 大昊(ぱく てほ)

鳥取大学医学部地域医療学講座 助教

Np drpaku pic

看護師は夜勤のラウンドや訪問看護など、患者さんの健康状態を確認する機会が多くありますが、患者状態を適切に判断するためには、プライマリ・ケアの技術が大いに役立ちます。

本連載では、拠点病院などによる後方支援を期待できない土地で、医療・検査機器などもない患者宅で医療を提供する「へき地医療」を通じ、“究極のプライマリ・ケア”と地域医療の実際を解説します。


皆さんは健康ですか?

これをお読みの皆さんの中には糖尿病や高血圧の人がいるかもしれません。脳梗塞や骨折をした後で後遺症が残っている人もいるかもしれません。 “病気は人を不健康にするものである”というのは概ね正しいと言えますが、しかし病気がなければ健康か、という問いに対し簡単にYesとは言えません。

健康は様々な要素によって構成されています。

仕事や家庭をはじめとした生活環境のストレスが人を不健康な状態にすることはよくあります。さらに社会的な格差や社会との結びつきもその人を健康にするのに重要な要素として最近注目されています。

これらは健康の社会決定因子1)と言われます。

そしてその健康を規定する要因の一つとして「ソーシャルキャピタル」(社会関係資本)2)が注目されています。

「ソーシャルキャピタル」とは?

>> 続きを読む