お気に入りに登録

【連載】ストーマケア 皮膚トラブル解決法

【ストーマケア】どう選ぶ? 患者さんに合った皮膚保護材

執筆 黒巣美津枝

JCHO千葉病院、皮膚・排泄ケア認定看護師

【目次】

※「面板の裏側に原因を見極めるヒントが!」以下の閲覧はログイン(登録無料)が必要です。


患者さんはどんな状態?

80歳代男性Bさん。直腸がんで腹会陰式直腸切断術を施行、左下腹部にS状結腸ストーマが造設されました。術後粘膜壊死を起こし、ストーマ孔は小指が入る程度に狭窄。便性は緩下剤にて軟便~泥状に調整されていました。他院より、「皮膚障害がある」と紹介され、当院のストーマ外来を受診されました。


原因はどこにある?

皮膚トラブルの発生部位はどこ?

皮膚トラブルの発生部位を知ることで、原因がある程度予測できます。ストーマ近接部の皮膚トラブルの原因として、最も多いのは排泄物の付着によるものです。剥がした面板の裏側をみて、皮膚トラブルと一致する位置に排泄物が付着していないかを確認します。

Bさんの場合、ストーマ近接部に紅斑とびらんがあり観察したところ、皮膚トラブルを含む範囲に便のもぐりこみが認められました。このことから、皮膚トラブルの原因は排泄物の接触であるとアセスメントできます。

>> 続きを読む
ページトップへ