お気に入りに登録

【連載】ストーマケア 皮膚トラブル解決法

【ストーマケア】どう指導する? 高齢患者さんのセルフケア

執筆 宗川 愛

東京勤労者医療会 東葛病院、皮膚・排泄ケア認定看護師

Main compression

【目次】

※「セルフケア能力に合わせたケアを実施」以下の閲覧はログイン(登録無料)が必要です。


患者さんはどんな状態?

90歳代女性Eさん。貧血のため、精密検査を目的として入院。直腸がんの膀胱浸潤により膀胱直腸ろうを形成、S状結腸双孔式ストーマ造設術を行い、退院調整となりました。入院前より認知症があり、生活全般において介助が必要でした。手をつなぎ、屋内で数歩の歩行は可能でしたが、車椅子で生活していました。介護者である娘さんは仕事をしており、施設入所が検討されていました。


セルケアの見極めは?

セルフケアの判断基準

高齢だからといって、セルフケアができないと決めつけてはいけません。日常生活動作(ADL)や視力、手指巧緻性などを確認し、個々の能力に応じてセルフケアできる部分を尊重し、介入の範囲を見極めていく必要があります。セルフケアが可能かどうかは、主として「排泄物をストーマ袋から排出する操作ができるか」「ストーマ装具の交換ができるか」の2つの動作から判断します。

Eさんの場合、認知機能の低下によりストーマの認識ができません。また、病状によりADLの低下がみられ、車椅子への移乗動作に対し軽度の介助が必要であり、端坐位についてもベッド柵につかまらなければ保持できません。このことから上記の2つの行為を行うことは不可能に近い状態であり、セルフケアは困難であると判断しました。

>> 続きを読む
ページトップへ