お気に入りに登録

【連載】看護に役立つ生理学

第38回 アラキドン酸カスケードとは?

執筆 梵天ゆとり(ぼんてん・ゆとり)

医師、日本医学放射線学会会員

34a04225d91f38626c35c8f914746244 150x150

ケミカルメディエータとは、抗原抗体反応や炎症反応があった際に遊離される化学物質のこと。今回はその中でも、多くのケミカルメディエータに共通する材料となる物質、アラキドン酸とアラキドン酸カスケードについて解説していきます。


多くのケミカルメディエータの原材料となるアラキドン酸

ここでは、種々のケミカルメディエータの産生過程のうち、臨床で多用される抗炎症薬と密接に関連する「アラキドン酸カスケード」について学びましょう。

アラキドン酸とは、多くのケミカルメディエータに共通する材料となる物質であり、ここから滝(cascade)が落ちるように一連の反応が進んでいきます。アラキドン酸は不飽和脂肪酸のひとつであり、細胞膜のリン脂質に結合して存在しています。

組織の傷害が起こると、ここに酵素が働いてアラキドン酸が遊離してきます。つまり、このカスケードの原材料は「細胞膜から切り出してくる」という形で調達されるのです。


ここからさらに、どのような種類の酵素が作用するかによって、アラキドン酸の代謝物はいくつかの系統に枝分かれしていきます。そのうちのひとつが、プロスタグランジン(以下PG)と呼ばれる一群の物質です。

>> 続きを読む