お気に入りに登録

【連載】Dr.パクのドタバタ離島医療奮闘記

第18回 波照間島に赴任して

執筆 朴 大昊(ぱく てほ)

鳥取大学医学部地域医療学講座 助教

Paku

看護師は夜勤のラウンドや訪問看護など、患者さんの健康状態を確認する機会が多くありますが、患者状態を適切に判断するためには、プライマリ・ケアの技術が大いに役立ちます。

本連載では、拠点病院などによる後方支援を期待できない土地で、医療・検査機器などもない患者宅で医療を提供する「へき地医療」を通じ、“究極のプライマリ・ケア”と地域医療の実際を解説します。


離島医療は非常に奥深いもの

私はこの連載の第1回で、もともと医療行政や医療政策がやりたくて、臨床医として生きていくことに自信もなく、離島医療を終えたら臨床医をやめようと考えていたことを書きました。結果として私は今、大学の教員となり学生に臨床医として患者さんと向き合う魅力を伝えています。

医師が医師であるとはどういうことか。あなたはどんな人間なのか

波照間島での生活は、それが問われ続けた2年間だったように思います。医学部を卒業し、医師免許をもっていて、治療ができれば医師といえるでしょうか? よく医師は「人のためになる仕事」といわれますが、人のためになるとはどういうことでしょうか?


>> 続きを読む

ページトップへ