お気に入りに登録

【連載】見直そう! CKD・透析ケア

第2回 腎臓機能が低下する要因・疾患は?

執筆 喜瀬はるみ

東葛クリニック病院 透析統括師長 / 透析看護認定看護師

CKDの原因はさまざま

 CKDとは、ひとつの腎疾患を意味するものではありません。腎機能低下が慢性に進行する、すべての腎疾患を含むため、それぞれの疾患により原因もさまざまです。
 
 その中には遺伝による腎疾患(尿異常・腎機能異常・腎形態異常)や、膠原病などの自己免疫疾患などがありますが、近年、肥満、高血圧、脂質代謝異常、耐糖能障害を伴う、メタボリック症候群などの生活習慣病からの発症が問題となっています。
 
 最近の研究では、CKDと診断される人では、数十年前の時点で、既に糖尿病や高血圧、肥満などのリスク要因が高い率で存在していたことが分かってきました。また、過去の時点において、抱えているこれらのCKDリスク要因の数が多いほど、CKD になるリスクが増加することも分かっています。CKD予防のためにも早期から、これらのリスク要因に対処しておく必要があると思われます。そこで、CKDの主な原因4つについてお話します。
 
【CKDの4つの原因】
(1)糖尿病性腎症に伴うCKD
(2)高血圧や加齢 (動脈硬化)に伴うCKD→腎硬化症
(3)慢性糸球体腎炎に伴うCKD
(4)その他のCKD

このうち(1)(2)(3)の病態について説明します。

>> 続きを読む
ページトップへ