【連載】よくわかる! 気管切開の大事なところ!

気管切開をしたら食事はできない?

執筆 南雲秀子

湘南厚木病院 看護師長/米国呼吸療法士(RRT) / 保健医療学修士(MHSc) 日本呼吸ケアネットワーク 理事

目次


▼気管切開についてまとめて読むならコチラ
気管切開とは? 気管切開の看護


喉頭部分が正常に働けば食事はできる

 経口挿管の場合には、喉頭の部分にチューブが通っており、食物が気管に流れ込んで(誤嚥して)しまうため食事はできません。しかし、気管切開であれば喉頭の部分は独立しているため、ここが正常に働けば人工呼吸をしている患者さんであっても経口摂取ができます。

 ただし、患者さんの嚥下機能が進行性に障害されるような病状、例えば球麻痺を生じるような神経筋疾患の場合には、嚥下機能の再獲得は難しいかもしれません。

 仮性球麻痺を生じるような脳血管疾患では、障害部位によって訓練の効果が見込める場合もあります。また、気管切開の原因が呼吸不全や他臓器の不全によって長期の呼吸管理が必要だったというような患者さんも、訓練することで嚥下ができるようになる可能性があります。

嚥下訓練で喉頭の機能が回復できれば、経口摂取可能

 嚥下訓練ができるのは意識レベルが高く、指示によって飲みこみなどの運動ができる患者さんです。

 脳血管疾患や神経筋疾患等によって嚥下機能に障害があるとわかっている場合には効果は限定的ですが、それ以外、例えば急性期に気管挿管されたために一定の期間嚥下が不可能な状態であった患者さんなどは、訓練によって喉頭の機能を回復できることが多くあります。

 嚥下の障害がなくなれば、唾液が気管切開孔から流出しなくなるだけでなく、経口摂取が可能となり、会話の可能性も出てきます。訓練は水や食物を使わない間接訓練から開始します。摂食・嚥下障害看護認定看護師や言語聴覚士、病院の摂食嚥下チーム、RST(呼吸サポートチーム)などに相談してみましょう。


(「ナース専科」マガジン2016年2月号より転載)


この記事を掲載した2016年2月号についてはこちら
2016年2月号

ページトップへ