お気に入りに登録

【連載】実践!エンゼルケア

第18回 エンゼルメイク実践編 (7)「リップカラー・ ネイルカラー」と 「顔のエンゼルメイク用、物品の管理方法」

執筆 小林光恵

「エンゼルメイク研究会」「看護に美容ケアをいかす会」代表

臨終を迎えた患者さんの人格や尊厳が失われないよう、ご遺体がみなさんの手を離れるまでケアを行なう「エンゼルケア(逝去時ケア)」。本連載ではそのエンゼルケアの実践法を解説します。


今回の顔のエンゼルメイクの解説は、仕上げのプロセスの「リップカラー・ネイルカラー」の実践についてです。2ページめは使用した物品の管理方法をお伝えします。

リップカラーの目的

口唇の乾燥を防ぎ、口唇の変色をカバーします。その人らしい印象をつくります。

リップカラーをつける際のポイント

・口唇は乾燥の進みやすい部位のため、口紅をつけない場合はリップクリームやワセリン、オイルなどの油分を必ず塗ります。
・その人らしい唇の色を、ご家族に選んでもらうか、どんな色だったか伺って色を選びます。
・男性の唇に合う色は、ベージュ系や茶系などです。ただし赤みがあるほうがその人らしい場合もあります。

リップカラーの手順

1)口紅は何色か入っているパレットタイプがおすすめです。ご家族にパレットをお見せしながら選んでいただくことで、ご家族がご本人の元気な頃に思いをはせるなどのきっかけとなることを意識します。

エンゼルケア_リップ1
※パレットをご家族に見せながら「唇はどんな色がよろしいでしょうか」また女性の場合「どんな色の口紅をお使いでしたか」などと尋ねるといいでしょう。

2)手の甲にとった口紅を、紅筆に含ませます。
エンゼルケア_リップ2

>> 続きを読む
ページトップへ