お気に入りに登録

【連載】この心電図をみたら何をすべき?

第10回<読み方・対応編⑧> トルサード・ド・ポアンツ(TdP)

解説 大八木秀和

JCHO大阪病院循環器内科医長/日本循環器学会認定循環器専門医

トルサード・ド・ポアンツ。舌がもつれてしまいそうな名称ですよね。
読み方もトルサード・ド・ポアントとかポアンなどいろいろあます。

もともとの意味は、「棘波の捻れ」を意味するフランス語のようです。
私にはポアンと聞こえますが、特徴的な発音なので、だいたいどれでもみな同じことなのだと思ってください。

(1)心電図波形の特徴

多形性心室頻拍と呼ばれていることからもわかるように、心室性頻拍の一種です。波形をみるとQRS波がらせん状(捻じられたよう)にその極性と振幅が周期的に変化しています(図の赤線)。TdP波形が出たあと、すぐにもとの波形に戻ることも多いのですが、まれに心室細動に移行し、突然死の原因となるため注意が必要です。

トルサード・ド・ポアンツの波形図
図 トルサード・ド・ポアンツの波形

>> 続きを読む
ページトップへ