【連載】訪問看護ステーション起業物語

地域密着型の訪問看護リハビリステーションをついにスタート

解説 石川徳子(いしかわ とくこ)

一般社団法人空と花 訪問看護リハビリステーション 日本財団在宅看護センター 代表理事

Isikaasama

Home

「理想の訪問看護ステーションを開業したい!」という思いを実現した1人の看護師の物語です。そこには起業を目指す方に向けて、たくさんのヒントが詰まっています。


2016年3月30日、新しい訪問看護ステーション(以下、ステーション)が東京都荒川区町屋にオープンしました。

このステーションを立ち上げたのは、石川徳子さんという一人の看護師です。

病棟看護や教員などを経験してきて、「在宅看護」にこれからの希望を見出した彼女は、10年来の夢だったステーションの開業を実現するため、笹川記念保健協力財団(以下、笹川財団)の日本財団在宅看護センター起業家育成事業(以下、起業家育成事業)で開業スキルを磨き、準備を進めてきました。

その準備が実を結んだ開所日当日には、たくさんの研修仲間やかつての同僚、ステーションを支える仲間達が集まり、船出を祝いました。
今回は、その開所式の模様をレポートします。

空と花 訪問看護リハビリステーション2016年3月30日東京都荒川区町屋にて開所式が行われた

“空と花”に込められた在宅看護への想い

「この度、一般社団法人空と花 訪問看護リハビリステーション 日本財団在宅看護センターを立ち上げることができました」と始まった開所の挨拶。代表理事である石川徳子さんは、「空と花」という名前に込めた想いを次のように語りました。

「公益財団法人笹川記念保健協力財団(以下笹川財団)の「日本財団在宅看護センター起業家育成事業(以下、育成事業)」の受講中、私はこの荒川区で地区調査を行いました。ある朝、調査で回っているときに、高齢者の方が空を見上げながら花に水やりをしている姿をみて、一人でも多くの方にそんな生活を続けていただきたいなと思い、そんな願いをこめて、『空と花』という屋号をつけました」

スピーチをする石川徳子さんスピーチをする石川徳子さん

ママさん看護師が活躍できる場所へ

続いて、「わがセンターでは、子育て中のママさん看護師が、24時間365日この地域を守る活動をしていきます」と、ステーションのコンセプトを掲げました。そのコンセプトを決定づけたのは、娘さんのある一言だったようです。

「私の娘も看護師です。現在、結婚して夫の仕事の関係で、ベトナムで生活をしていましたが、出産のために帰国をしたときに『せっかく看護師の資格があるのに赤ちゃんがいるから働けない』とこぼしたんです。
その一言から、私は自分のステーションのコンセプトを“子育て中の若いママさん看護師が働けるステーション”にしようと思い立ちました。また、在宅看護師の高齢化が進むなか、若い在宅看護師が活躍するところも、わがセンターの特徴の一つといえます」


次ページでは、笹川財団の代表理事である喜多悦子先生からの熱いメッセージを紹介します。