お気に入りに登録

【連載】訪問看護ステーション起業物語

地域密着型の訪問看護リハビリステーションをついにスタート

解説 石川徳子(いしかわ とくこ)

一般社団法人空と花 訪問看護リハビリステーション 日本財団在宅看護センター 代表理事

Isikaasama

Home

「理想の訪問看護ステーションを開業したい!」という思いを実現した1人の看護師の物語です。そこには起業を目指す方に向けて、たくさんのヒントが詰まっています。


2016年3月30日、新しい訪問看護ステーション(以下、ステーション)が東京都荒川区町屋にオープンしました。

このステーションを立ち上げたのは、石川徳子さんという一人の看護師です。

病棟看護や教員などを経験してきて、「在宅看護」にこれからの希望を見出した彼女は、10年来の夢だったステーションの開業を実現するため、笹川記念保健協力財団(以下、笹川財団)の日本財団在宅看護センター起業家育成事業(以下、起業家育成事業)で開業スキルを磨き、準備を進めてきました。

その準備が実を結んだ開所日当日には、たくさんの研修仲間やかつての同僚、ステーションを支える仲間達が集まり、船出を祝いました。
今回は、その開所式の模様をレポートします。

空と花 訪問看護リハビリステーション2016年3月30日東京都荒川区町屋にて開所式が行われた

>> 続きを読む