お気に入りに登録

【連載】下肢(あし)をみる!

深部静脈血栓症(DVT)の看護|原因・症状・予防法

解説 小島 淳夫

東名厚木病院 医務部長 血管外科 医師

大地震後に頻発したエコノミークラス症候群としても注目を集める「深部静脈血栓症(DVT)・肺血栓塞栓症(PTE)」。
実は、入院患者のほとんどが危険因子を有しています。原因・症状から治療・検査・予防法まで解説します。


【目次】


深部静脈血栓症(DVT)とは?

深部静脈血栓症(deep veinthrombosis:DVT)は、四肢(通常は下肢)の深部静脈(筋膜下静脈)に血栓が形成される病態です。

この血栓が遊離して静脈血流にのって肺に移動し、肺動脈を閉塞すると肺血栓塞栓症(pulmonary thromboembolism:PTE)になります。肺血栓塞栓症は無症状の場合もありますが、呼吸困難やショック状態などに陥り心停止にいたることもあります。

急激に発症する重症の急性肺塞栓症(acute pulmonary embolism:APE)では致死率が32%にもなります。
しかも、死亡例のうち43%が発症後1時間以内の突然死です(文献1参照)。

>> 続きを読む
ページトップへ