お気に入りに登録

【連載】実践!エンゼルケア

第21回 部位別のエンゼルメイク(3)気道切開部やペースメーカー

執筆 小林光恵

エンゼルメイク研究会 代表

臨終を迎えた患者さんの人格や尊厳が失われないよう、ご遺体がみなさんの手を離れるまでケアを行なう「エンゼルケア(逝去時ケア)」。本連載ではそのエンゼルケアの実践法を解説します。


今回は「気管切開部」と「ペースメーカー」の対応についてです。気管は、胃腸とともに腐敗が進む肺と直結している部分であり、切開部から異臭がもれる可能性があるためしっかり密閉します。

また、目にふれやすい場所であることを意識してカバーします。

気管切開部への対応のポイント

・気切部の皮膚とともに気管も刻々と脆弱になっており、いたみやすい部分です。痰など分泌物の吸引は、粘膜を傷つけないように配慮して行います。
・生命と直結するイメージである「呼吸」に関わっている部分の器具を外すときなどは、ご家族にはとくにていねいな言葉かけをします。
・衣類の準備の際に、気管切開部がカバーできるようなスタンドカラーやワイシャツ、スカーフなどの提案を事前に看護計画に入れておきます。

気管切開部のカバー説明イラスト

気管切開部のメイク後のカバー案イラスト

気管切開部の対応手順

1)気切部をカバーしていたガーゼを外す:お過ごし(お別れ)の時間の直前に、気管切開部のチューブを外した上に乾燥防止として覆ったガーゼを外します。ご家族へは、「のどの部分をきれいにしてテープなどで閉じたいと思います」などと伝えましょう。

>> 続きを読む
ページトップへ