お気に入りに登録

【連載】ねじ子のヒミツ手技

グリセリン浣腸の目的と手順【マンガでわかる!看護技術】

執筆 森皆ねじ子

医師兼漫画家 *引用・参考文献『ねじ子のヒミツ手技 1st lesson』 『ねじ子のヒミツ手技 2nd lesson』

S              min

【目次】

※「浣腸で使う物品」以下の閲覧はログイン(登録無料)が必要です。


浣腸とは?浣腸を行う目的

今回の手技は「浣腸」です。
病院における浣腸とは、肛門にグリセリン液を入れて排便を促すことを言います。直腸及びS状結腸までの便は、これで出すことが可能です。

便秘で苦しんでいる人に行うのはもちろんのこと、原因のはっきりしない腹痛で苦しんでいる人に診断目的で行ったり(浣腸で便が出ることによって腹痛症状がなくなったら、便秘が原因だとわかります。子どもの腹痛に多いです)、便の色を調べたい時にも行ったりします(苺ゼリー状の便が出たら→腸重積症だと診断できる、とか)。

なお、グリセリン浣腸は薬局でも市販されていますので、患者さんがご自宅で行うことも可能です。
市販のものは、一個あたりの量を少なくする&管の長さを短くすることで、安全性を高めております。

浣腸のしくみ

浣腸のしくみ1

浣腸のしくみ2

浣腸のしくみ3

浣腸のしくみ4

浣腸のしくみ5

浣腸で使う物品

>> 続きを読む
ページトップへ