お気に入りに登録

【連載】伊藤麻紀先生の『ストーマケアはじめの一歩』

第10回 ストーマ早期合併症・晩期合併症の種類とケア

執筆 伊藤 麻紀(いとう まき)

日本赤十字社医療センター 循環器・泌尿器科病棟/皮膚・排泄ケア認定看護師

Np ito maki

Toilet kaiben

【目次】

※「粘膜皮膚接合部離開」以下の閲覧はログイン(登録無料)が必要です。


早期合併症

ストーマの早期合併症は、循環障害、壊死、脱落、粘膜皮膚接合部離解、出血などがあります。また、ウロストミーでは、尿路の各種通過障害、尿路感染症、腎不全、尿路結石などが起こります。

ストーマの循環障害、粘膜脱落、壊死

循環障害はストーマ造設術直後から発生するリスクがあります。原因は、1)腹壁を通して腸管を体外へ引っ張り上げる際の緊張が強いとき、2)手術操作による腸管の辺縁血管の損傷や切離、3)術後ストーマ浮腫による腸間膜の圧迫、などが考えられます。
 
循環障害を起こしている範囲と造設した腸管によって経過や対処が異なります。イレオストミー(小腸ストーマ)の場合は、血流が豊富なため、全身状態が改善すれば数日で回復する可能性があります。

コロストミー(結腸ストーマ)の場合は血流が乏しく、粘膜全体に循環障害が生じた場合は腹腔内に粘膜が脱落し、腹膜炎を起こすため、再造設が必要となることがあります。血流障害が局所的で壊死した粘膜部分が剥脱しても、腸管の漿膜筋層部分と腹壁との癒合が保たれている場合は、保存的な治療が可能となります。

>> 続きを読む