お気に入りに登録

【連載】検査早わかりファイル

胸腔穿刺・ドレナージの目的と看護のポイント

執筆 堀之内秀仁

国立がん研究センター中央病院  呼吸器内科 医長/医療連携室 室長 国立がん研究センター 人材育成センター副センター長/専門教育企画室長

Horinouchi02

Kensa2

胸腔穿刺・ドレナージとは

呼吸器系疾患の検査のなかで、最も頻繁に実施される侵襲的検査が胸腔穿刺です。悪性腫瘍、肺炎、結核、心不全などさまざまな病態で胸水が貯留し、その原疾患の診断のために胸水を採取するのが胸腔穿刺です。比較的安全に実施でき、ベッドサイドで、研修医などでも実施することが多い検査です。

 一方、胸水貯留に対する処置に胸腔ドレナージがあります。胸腔穿刺とは異なり、より太く、薬剤投与なども可能なチェストチューブを挿入・留置します。胸腔穿刺に比べると侵襲的で頻度も少ないのですが、胸水検査ができるだけでなく、治療的な意味合いで胸水を除去することが可能となります。また、胸腔内に抗がん剤、癒着剤などを注入し、がんや気胸などに対する局所治療を実施することも可能です。

どんな検査?

検査を行う目的

胸腔穿刺では、胸水を取り出し、各種検査に提出することが目的となります。一方、胸腔ドレナージでは、胸水検査ができるだけでなく、挿入部付近から胸膜生検と呼ばれる組織検査を追加することができ、さらにそのままチューブを留置して胸水治療にもつなげることができます。

胸腔穿刺・ドレナージの禁忌
* 患者さんの状態:処置の最中に体位を保つことができない、強い出血傾向がある
* 穿刺に関する条件:穿刺部位に感染がある場合、胸水がエコーで安全に確認できないほど少ない場合

どこを見るか?

検査によって取り出される胸水は、通常、外観チェック、細胞数検査、生化学検査、病理細胞診検査、各種細菌検査に提出されます。

どんな器具を使う?

1 胸腔穿刺に用いる器具

肋骨の間に穿刺し、胸水を抜き取ります。

穿刺針(サーフロー)

>> 続きを読む
ページトップへ