【連載】検査早わかりファイル

シンチグラフィ検査(核医学検査)の目的と看護のポイント

執筆 堀之内秀仁

国立がん研究センター中央病院  呼吸器内科 医長/医療連携室 室長 国立がん研究センター 人材育成センター副センター長/専門教育企画室長

シンチグラフィ検査(核医学検査)とは

呼吸器系疾患で行われることも多いシンチグラフィ検査は、各種画像検査とともに広く用いられていますが、一般的なX線写真やCTの撮影とは大きく異なる特徴を持っています。X線撮影は体外からX線ビームを照射し、その透過率の違いを画
像イメージとして再構築したものです。一方、シンチグラフィ検査では微量の放射線を出す放射性同位体(アイソトープ)を被験者の血管内に注射し、そこから放出される放射線を体外に設置した検出器でとらえ、画像化します。そのため、放射性同位体が血管内、組織、そして体外に排出されるという代謝経過をも反映させた情報を得ることができる、すぐれた検査であるといえます。

 今回紹介するのは、その中でも頻繁に用いられる骨シンチグラフィ、ガリウムシンチグラフィ、さらに近年普及が目覚ましいP E T(positron emission tomography)について解説します。

どんな検査?

検査を行う目的

シンチグラフィ検査は、、ほとんどの場合、診断過程の最初に行われるべき検査ではありません。シンチグラフィ検査は、他の検査である程度の情報を得たうえで、さらに追加の情報を得るために行われることがほとんどで、得たい情報に合わせた検査を行う必要があります()。たいていの場合、他の画像検査から得た形の評価だけではわからない、病変の代謝的な特徴などの追加情報を得る目的で行われます。

一般的に用いられるアイソトープ

どこを見るか?

シンチグラフィ検査では、体外に設置した検出器(ガンマカメラ)で、体内のアイソトープから放出される放射線を検出し画像化します。そのため、特別な加工を行わない画像は、放射線の検出が黒い点で描かれた点描のようなイメージとなり、その点が集中している様子から診断を行います。

どんな器具を使う?

1 アイソトープの管理

医療者が被曝しないよう、しっかりと管理する必要があります。

保管容器
保管容器。鉛でできている

注射器
鉛でシールドされている

2 シンチグラフィ撮影機材

患者さんから放出された微量放射線を検出し、画像化します。

ガンマカメラ
ガンマカメラ

どう見える?

1 全身像

骨シンチグラフィ、ガリウムシンチグラフィ、PETなどでは通常全身検索を目的としています。そのため、患者さんの体幹もしくは全身がそのまま点描の形で描出されます。

2 個別の臓器でのイメージ

甲状腺、心臓、腎シンチグラフィなど特定の臓器を見る場合には、特定の臓器に集中した描画となりますが、基本的には放射線の検出を点描した形となります。

3  CTなどとの組み合わせ

近年では、特にPET-CTなど、シンチグラフィの点描のイメージと、CTの立体的な形態イメージを組み合わせ、CT画像上に異常な像を強調表示したりすることが可能となっています。

Nursing Point

検査結果(レポート)を見る

シンチグラフィ検査は、アイソトープの放った放射線を点で表したイメージで判定されるため、基本的にはどの画像も、陰影の濃淡で示されます。検査結果は、比較的シンプルな画像になることが多く、そのため、最終的な判定にはシンチグラフィ検査の意味や、他の検査との総合的な解釈が必要とされます。

 具体的には、人体の解剖学的な位置関係との照合や、検査に用いられたアイソトープの種類によって、同じ集積パターンでも意味合いが異なります。
 

検査前にこれだけは注意

シンチグラフィ検査は、点滴ラインから微量の放射線を射出するアイソトープを注射し、一定時間後に体から放出される放射線を検出して画像化します。アイソトープや検査の種類によって、注射から画像撮影までの時間はさまざまであり、その場ですぐに画像化する心臓シンチグラフィや、数時間後に撮影する骨シンチグフィ、数日後に撮影するガリウムシンチグラフィなどがあります。

患者さんには事前にその手順を説明し、日程について理解してもらいましょう。さらに、撮影には一定の時間がかかる場合が多く、体を動かしてしまうと撮影された画像がぶれてしまうため、撮影中は安静を保つように指導が必要です。

検査の注意点
* 患者さんの状態:処置の最中に体位を保つことができない患者さん。検査によっては妊婦には実施できないこともある
* 基礎疾患:アイソトープによっては基礎疾患により描画が左右される。有名なのは糖尿病の血糖コントロール不良な患者さんではPETの描出が不良となる

その他の注意事項

1 アイソトープは腎臓から

排泄されることが多いため、膀胱に尿が溜まった状態ではそこへの集積が強くなりすぎてしまいます。事前に排尿して、病変への集積が相対的に減弱しないように留意する必要があります。

2 胎盤を通過して胎児に影

響が出たり、授乳中であれば母乳にアイソトープが混入する可能性があるため、多くの場合妊産婦については検査前に特別な指導が必要でしょう。

シンチグラフィ検査のナーシングステップ

Step1 シンチグラフィの目的と、アイソトープなどの種類から検査の意味を把握する。具体的には、そこに病変があるか否かの存在診断、病変がどのような特徴かの性質診断、その他アイソトープの種類に応じた特徴を判定する

Step2 検査の目的に照らし合わせて、陽性もしくは陰性の検査結果を判定する。具体的には臨床的に意味のある集積が存在するか吟味する

Step3 存在診断、性質診断、その他の診断結果に応じて、他の臨床情報とも照らし合わせて患者さんに対する治療方針が決定される。それを踏まえて看護計画を立てる

ページトップへ