お気に入りに登録

【連載】現場で使える!英会話1分間レッスン

検査前・手術前の問診を英語でするには?(7)

執筆 佐藤まりこ

米国RN(Registered Nurse)

Eigo


外国人患者さんに英語で対応できる? アメリカの医療現場で実際に使われている、患者さんにもすんなり伝わる簡単な医療英語をマスターしよう!


看護師の問診は、短時間で的確に必要な情報を聞き出し、緊張している患者さんの不安を取り除くことが求められます。特に、麻酔の必要な検査や手術の前の問診は、患者さんの準備がきちんとできているか、検査や手術に適した状態かどうかを評価する重要な看護行為です。
そこで、これだけは知っておきたい! 検査や手術の前の問診に必要なフレーズを紹介します。
アメリカの病院で実際に使用されている問診シートの内容に沿って、大腸鏡検査(Colonoscopy)当日の問診をテーマに紹介していきます。


本日のフレーズ

「生理はありますか? 検査前に妊娠検査が必要です。
トイレはあちらです。トイレに尿カップがありますので、採尿をお願いします。
少しでいいですよ。必要なのは2、3滴ですから」

検査前の問診に必要な項目を質問していきます。
麻酔を使う検査は、生理のある女性を対象に妊娠検査が事前に必要です。尿検査が必要なことを説明し、採尿をお願いしましょう。

さて、みなさんはどう英語で表現しますか?