お気に入りに登録

【連載】排泄ケアで困ったこと

バルーンカテーテルから尿漏れしているとき、どうしたらいい?

解説 丹波光子

杏林大学医学部付属病院 皮膚・排泄ケア認定看護師

バルーンカテーテルから尿漏れしている場合、どのように対応したらよいのでしょうか。また、疼痛の訴えがあった場合には、どのように対応したらよいのでしょうか。認定看護師が疑問に答えます。


バルーンカテーテルから尿漏れしているとき、どうしたらいい?

不必要なバルーンカテーテルは早急に抜去する

バルーンカテーテルからの尿漏れの原因としてもっとも多いのは、尿路感染です。これは、尿路感染によって膀胱が収縮することや、膿などによってカテーテルが閉塞することで起こります。
その他、結石や出血が原因となってカテーテルが閉塞することでも尿漏れが起こります。カテーテルの挿入によって尿中の物質が結晶化しやすく膀胱結石もできやすくなっています。また、尿路感染を繰り返すことが膀胱結石の作られる原因となることがあります。

尿漏れがあったら、まずは尿路感染の有無を確認します。尿路感染は尿の色や臭い、浮遊物の有無、尿量から推察することができます。尿の混濁や浮遊物、尿量の減少、悪臭があったら尿路感染と考えられます。感染が確認されたら、すぐにカテーテルを抜去しましょう。抜去したカテーテルの先端を確認し、なぜ詰まっているのかを見ます。また、抜去したあとは、尿閉になっていないかも確認しましょう。基本的に、急性期を脱したら必要のないバルーンカテーテルは速やかに抜去することが大切です。長期の留置は感染の原因となるので、留置の目的を理解し、早い時期からカテーテルフリーを目指すことが大事です。

このように、尿漏れの多くは尿路感染や膀胱結石が原因なので、サイズを変更しても尿漏れは改善されません。

長期留置は痛みの原因ともなる

>> 続きを読む
ページトップへ