お気に入りに登録

【連載】山内先生の公開カンファランス

第30回 たんぱく質と塩分制限をされている患者さん

解説 山内豊明

名古屋大学大学院医学系研究科 教授 医学博士/看護学博士/医師/看護師/保健師/米国・登録看護師、診療看護師

[macoさんから提供された事例]
2型糖尿病で肝硬変(腹水あり)が既往にある患者さん。さらに糖尿病性腎症3期があり、医師からの指示ではたんぱく質1.0g/kg・塩分7gと制限されていました。理解力はあったため、良質たんぱく質の具体例・塩分制限・食後の安静などを指導しました。
→こんなとき、あなたならどうアセスメントする


>>山内先生の解説を先に読みたい方はこちら

みんなの回答

まずは、事例を読んでどのようにアセスメントするかを聞きました。回答者数は75人。

Q1.事例のような患者さんの退院指導にあたる際に、まずは患者さんからどのような情報を得ることが必要だと考えますか。 Q2.この患者さんにはどのようなリスクがあると考えられますか。 Q3.この患者さんに指導する場合、あなたならどのようなアプローチをして、どのようなことを伝えますか。 ニックネーム
普段、どの様な食事をしているか。好きな食べ物は何か。日常生活動作量など 入院中は治療食で血糖値や腎機能をコントロールできるが、退院後は自分、もしくは家族が食事を作るため、糖尿病や腎症の悪化が考えられる 食事制限でストレスにも繋がるため、精神面(性格)を入院中に観察する。理解力があり、食事制限に意欲的ならば、酢や出汁などで味気を感じるレシピ本を見せながら説明し、本人ができそう、かつ、好きな食事に近いレシピを一緒に考える。必ず管理栄養士による栄養指導を受けてもらう 匿名さん
本人の嗜好、食習慣、病識があるか、家族構成、仕事内容 腎不全 糖尿病の合併症があり、その上肝硬変があるので、リスキーな状態 qさん
普段の食生活も含めた生活リズムや、家族やキーパーソンがいるのか、どのくらいの病識があるかなど 腹水が今以上に溜まることで、呼吸困難になったり生活に支障が出る可能性。また糖尿病性腎症3期ということで、すぐにはならないかもしれないが尿毒症になるリスクがある 病識にもよりますが、今の病状と今後起こりうるリスクを説明した上で悪化させないための生活指導をする。家族も巻き込めるなら、家族にも説明する とがぴさん
普段の食生活 食生活の乱れによる腹水貯留。塩分過多 献立の立案をあらかじめしておく。間食をしない さくらさん
食事の摂取時間、量、内容、提供者(作る人とか外食ばかりとか)、嗜好、同居者や支援者の有無、どの程度今の状態が嫌か、治したい、症状を軽くしたいと思っているか 腹水による呼吸困難、肝性脳症によるフラッピング、意識障害、腎症、透析 どの程度治したいか、軽減させたいかの思いを把握する。全く治したいと思ってない人もいるため、その人の意思を尊重する。ただし、選択したものに後悔しないよう、メリットデメリットの情報提供は十分に行う きーなさん
年齢、性別、家族構成、仕事の有無、サポートの有無、食習慣、運動生活習慣 腹水が悪化することによる倦怠感、呼吸困難。腎不全悪化による尿毒症症状 腹水が増えたときの症状について覚えておいてもらい、症状があれば来院してもらう。また、尿量を注意してもらい、尿毒症の症状についても覚えておいてもらい、受診を促す もまさん
食事内容、辛いもの、味が濃いものなど塩分が多いものを日頃から摂取していないか、たんぱく質が多く含まれている肉類の摂取をしていないかなど普段の食生活の情報を得る必要があると思う 肝硬変から肝臓がんに移行するリスクがあると思う 指示された、塩分量を守るように、良質のたんぱく質の摂取をするように、食後の安静を保つようにと再度伝える 美少女さん
入院前の生活、治療歴、食生活など。腹水がたまるほどの肝硬変なら以前に治療歴があるかもしれず、それでも食事の誘惑に負けて食事療法を実施できていなかった可能性もあるため 肝がんや、糖尿病の合併症を起こすしリスクがあると考えられます 患者さんの思いを受け止め、はじめは慣れない指導内容を実施することが難しいと考えられるが、少しずつ慣れていけることを伝えます。また、わからないことがあるときの相談先を紹介します まなさん
入院前の食生活、今の病状に対しての気持ち、病識。今後の食事は誰が作るのか 気分不良、嘔気、嘔吐、黄疸が出て羽ばたき振戦あり。尿量減少、食欲低下、体重増加、自力体位変換困難、身体の疼痛や苦痛 食事についての指導を受けたうえ、きちんと栄養素を取り入れて摂取。暴飲暴食を避けるような生活指導 ゆうこさん
家族構成、家族の協力の程度、公的介護や援助の必要性の有無、自宅での生活が本当に可能か、病識 病状の進行、異常時に速やかに対処してもらえない、治療の継続が困難等が考えられる。理解ある家族や援助してもらえる人と暮らすなら異常時に対処できるが、独居やまわりの協力が得られないなら体調不良でも放置し、正しい食事や生活上の注意点が守られず、病状悪化が容易に起こる 実現可能な内容の指導を行う。具体的にわかりやすく行う。家人に必要性を確実に理解してもらう。訪問看護や介護の利用。食事提供の業者の利用 デラックスさん

>>次ページでは、山内先生の解説を紹介します。

ページトップへ