お気に入りに登録

【連載】今さら聞けない! 基礎看護技術をおさらい

【図解】導尿(膀胱留置カテーテル挿入)の手順(女性・男性別)~根拠がわかる看護技術

解説 野崎真奈美

東邦大学看護学部 基礎看護学研究室 教授

持続的導尿は、尿道の損傷や尿路感染のリスクがあり、慎重に行わなければならない難しいケアです。ここでは、手順とともにその根拠や注意すべきポイントを紹介していきます。


【目次】


準備

必要な物品

  • フォーリーカテーテル・蓄尿バッグ(一体化のものが主流)
  • 消毒器具(綿球・ポピドンヨード・攝子)
  • 滅菌潤滑剤(グリセリンなど)
  • ガーゼ
  • 吸水シーツ
  • 滅菌手袋
  • 滅菌水入りシリンジ
    ※ここでは、これらの物品がまとめて入った「閉鎖式カテーテルキット」を使用するケースで手順を説明します。

  • エプロン

  • バスタオル

  • 清拭用品(タオルなど)

  • 廃棄物入れ(ビニール袋、膿盆)

  • 固定用品(テープ、カテーテル専用の固定器具)

【関連記事】
持続的導尿とは? 知っておきたいポイント

手順と注意点(女性の場合)

1 本人確認とケアの内容・目的を伝える

(1)患者さんの本人確認を行い、これから持続的導尿を行うことやその目的などを伝えます。
▼ここに注意!
他の患者さんに聞こえないように声の大きさに注意して説明するなど、患者さんの羞恥心に配慮しましょう。

>> 続きを読む
ページトップへ