お気に入りに登録

【連載】今さら聞けない! 基礎看護技術をおさらい

第3回 ベッドメイキング 見直そう! 5つのポイント

解説 野崎真奈美

東邦大学看護学部 基礎看護学研究室 教授

 基本的な看護技術であり、日常的な看護業務でもあるベッドメイキング。でも、あなたがつくるベッドは患者さんにとって本当に心地よいものでしょうか。いま一度、ベッドメイキングの重要性を見直してみませんか。

【関連記事】
【図解】ベッドメイキングの手順とコツ~根拠がわかる看護技術


1まず重要なのは、安全、安楽、自立

 患者さんにとっては、ベッド上が治療の場であり、生活の場となります。患者さんが入院生活の大半を過ごすベッドは、患者さんの体力を消耗させるものであってはなりません。そこで、ベッドメイキングを行うにあたり、まず配慮しなければならないのは“安全”“安楽”“自立”です。例えば、シーツにしわがあったとしたら、局所的圧迫の原因となり、褥瘡発生のリスクを高めます。また、健康な私たちもそうですが、シーツにしわがあると不快で寝心地が悪くなります。つまり、シーツをしわなくきれいに整えることは安全、安楽につながるというわけです。
 
 自立では、患者さんがベッドから降りやすいようにベッド柵の位置を調整することが重要となります。逆にベッド柵の位置によって転落を防止するといった安全への手立てにもなります。

>>次ページは残り4つのポイントについて解説します。