お気に入りに登録

【連載】これだけできれば大丈夫! 病棟で必要な人工呼吸ケア

【人工呼吸器】バッキングとファイティングとは?

解説 和田 希

湘南鎌倉総合病院  慢性呼吸器疾患看護認定看護師

人工呼吸器で使われる用語には、似ていたりわかりづらいものがあったりします。それもより人工呼吸器を苦手と思わせる要因の1つではないでしょうか。バッキングとファイティングは、人工呼吸器と患者さんの状態が合っていないことを表す言葉です。今回は、このよく聞く2つの言葉について解説します。

バッキングとファイティングとは

 バッキングは、何らかの原因で咳嗽反射が起こり、人工呼吸器と患者さんの呼吸のリズムが合わなくなった状態のことをいいます。
 例えば、加温加湿器を使用しているとき、回路内の結露が生じるためウォーターとラップをつけますが、回路内の水滴が患者さんに入ってしまうとバッキングにつながる可能性があります。

 ファイティングは、患者さんの呼気のときに人工呼吸器による換気が行われるなど、患者さんの呼吸リズムと人工呼吸器の換気パターンが同調していない状態をいいます。
例えば、A/Cモードのとき、自発呼吸と同調しているかどうかの確認として、ファイティングが起きていないかをみます。ファイティングが起きると、分時換気量が低下し、低分時換気量アラームが鳴ることもありますし、何よりも、患者さんに苦痛症状が現れます。

 ファイティングは、不適切な人工呼吸器の設定、回路やチューブの閉塞・リーク、あるいは気胸、喘息、肺塞栓、痰の貯留、呼吸状態の悪化、不安といった患者さん側の原因でも起こり得ます。
どちらも人工呼吸器と患者さんが同期していない状態を示す言葉です。

続いて「ファイティングやバッキングが原因で鳴るアラーム」について解説します。

>> 続きを読む
ページトップへ