お気に入りに登録

【連載】訪看ステーション「よつば」の公開カンファレンス

CASE9 障害を持ちながら子育てをする家族へのサポートを考える2

執筆 川上 加奈子(かわかみ かなこ)

株式会社のものも よつば訪問看護リハビリステーション 看護主任

Kawakami02

Yotuba02

困難事例9 障害をもって子育てするAさんへのサポート


前回のあらすじ

脊髄損傷(C8Th1)にて不全麻痺があり車椅子生活をされているAさん。
リスクを抱えながらも妊娠、32週で低出生体重児を出産。しばらく実家のサポートを受けて生活していたが、自立のため家族3人で転居した。
しかし転居先の役所と良好なコミュニケーションがとれず、サービス導入ができずにいたことから、よつばスタッフが訪問看護として入ると同時に、多職種連携に向けて介入を始めた。
現在のAさんにとっての問題は、障害を抱え、車椅子生活の状態での子育てが大変であること。
低出生体重児であるため、発育が遅れがちなのは仕方がないものの、加えてAさんの手が思うように動かせないため、こまめに離乳食やミルクを作ることができず、児の順調な体重増加が図れていないことである。
そのため、Aさんからは、自分のケアよりも赤ちゃんを診て欲しいという訴えが強く、母子共に指示書を書いてくれる先生を探すことから始めた。

>> 続きを読む