お気に入りに登録

【連載】訪看ステーション「よつば」の公開カンファレンス

CASE10 医療関係者と家族との間に温度差があったケース

執筆 川上 加奈子(かわかみ かなこ)

株式会社のものも よつば訪問看護リハビリステーション 看護主任

Kawakami02

Yotuba02

困難事例10 自宅の環境整備を受け入れない夫婦


80歳女性のBさん。膀胱がんで治療中。
3年前にがんが発見されたとき、外科的な手術をするかどうか迷ったが、手術はせず内科的な治療で、残りの人生を夫婦2人で楽しみながら過ごすことを決め、現在に至る。
最近までは大きな体調の変化は見られなかったが、膀胱の腫瘍が大きくなるにつれ、血尿が出たり、浮腫で脚がパンパンになったり、倦怠感が増え、転倒も増えてきていた。
主な介護者は81歳の夫である。娘も毎日のように様子を見には来ているが、同居してはいない。
そんな矢先、Bさんがベッドから滑り落ち、立ち上がれないとの連絡があり、緊急対応を行った。


カンファレンスの目的

Bさんがベッドから滑り落ち、立ち上がれなくなり、緊急対応を行ったことをきっかけに、今後のことを考え、よつばスタッフで生活環境の整備について、カンファレンスすることになった。


rin
りん:Bさんは、下肢の筋力も低下し、かなり不安定な状況になってきているので、寝室から居間までの動線に、簡易式の手すりを設置したり、椅子やベッドから滑り落ちないように、滑り止めをつけたりしたほうがいいと思うのですが。

honoka
ほのか:はい。先日も同じような提案をしたのですが、Bさんにもご主人にも「まだ必要ない」と却下されてしまって。
「寝起きだとフラフラして、危なっかしいく見えるけれど、しっかり覚醒すれば伝い歩きができるから」と納得していただけなくて。

rin
りん:でも、実際に転倒することが増えてきているんですよね?

kana
かな:そうなんです。そのたびに高齢のご主人が介助して立ち上がらせているので、腰を痛めてしまうのではないか心配で。そのことも話をしたのですが、大丈夫ですよの一点ばりなのです。

saki
さき:なんでそんなに頑張ってしまうんでしょうね? 福祉用具を入れると部屋が狭くなるとか? それともイメージができないからでしょうか・・・。

honoka
ほのか:一応、写真も見せて、そんなに大がかりなものではないこともお伝えしているつもりなんですけれど。レンタル料も月に数百円であることも伝えているのですが。

kana
かな:もしかしたら、Bさん自身が一番嫌がっているのかもしれませんね。とてもプライドのある方なので、福祉用具を導入することが、なんとなく病気に負けてしまう気持ちになるというか・・・うまく言えませんが。
無理に勧めることもできませんから、とりあえずは提案だけは続けて、反応を待つしかないのですよね・・・。


>>次ページでは、よつばスタッフがいよいよ環境整備に取りかかります。