お気に入りに登録

【連載】現場で使える!英会話1分間レッスン

日帰り検査後・手術後の声かけを英語でするには?(1)

執筆 佐藤まりこ

米国RN(Registered Nurse)

外国人患者さんに英語で対応できる? アメリカの医療現場で実際に使われている、患者さんにもすんなり伝わる簡単な医療英語をマスターしよう!


さまざまな理由で入院が難しい患者さんに対応して、日帰りの検査や手術を積極的に取り入れる病院や施設が増えています。
患者さんが安心して検査・手術が受けられるよう、その手順・治療の説明を行い、術後の状態管理・看護を実施することは、看護師の重要な役割の1つです。患者さんの不安や苦痛を軽減できるようなかかわりは、治療を受けた患者さんの満足度にも直結します。
そこで今回からは、これだけは知っておきたい! 日帰り検査・手術後の状態管理や看護に必要なフレーズを紹介します。
アメリカの病院で実際に使用されている術後シートの内容に沿って、内視鏡的ポリープ切除術(ポリペクトミー)施行後の術後管理をテーマとしますが、ほかの日帰り手術にも応用できる内容を紹介していきます。


本日のフレーズ

「手術が終わりましたよ。大丈夫ですか?
これからリカバリールーム(回復室)に移動して30分程度術後の観察を行います」

検査や手術が終わった後は、回復室で状態を観察し安静を促します。これからどれくらい観察が必要かを伝えることも患者さんの不安を軽減する声かけにつながりますね。

>>さて、みなさんはどう英語で表現しますか?

ページトップへ