お気に入りに登録

【連載】現場で使える!英会話1分間レッスン

日帰り検査後・手術後の声かけを英語でするには?(3)

執筆 佐藤まりこ

米国RN(Registered Nurse)

外国人患者さんに英語で対応できる? アメリカの医療現場で実際に使われている、患者さんにもすんなり伝わる簡単な医療英語をマスターしよう!


検査後・術後の状態管理・看護を実施することは、看護師の重要な役割の1つです。患者さんの不安や苦痛を軽減できるようなかかわりは、治療を受けた患者さんの満足度にも直結します。
そこで、これだけは知っておきたい! 日帰り検査・手術後の状態管理や看護に必要なフレーズを紹介します。
アメリカの病院で実際に使用されている術後シートの内容に沿って、内視鏡的ポリープ切除術(ポリペクトミー)施行後の術後管理をテーマとしますが、ほかの日帰り手術にも応用できる内容を紹介していきます。


本日のフレーズ

「何か飲み物はいかがですか? お水とアップルジュースがありますが、どちらがよろしいですか?
お水をお持ちしますね」

患者さんの覚醒状況に合わせて、飲水を促しましょう。日帰り検査・手術の際、飲水ができるかどうかは退院の大きな指標になります。

>>さて、みなさんはどう英語で表現しますか?

ページトップへ