看護師の仕事に役立つ情報、技術が学べるサイト -スキルアップに役立つ情報をお届けします-

【連載】テーマごとにまとまった記事が読める! まとめ記事

【血液ガス】血液ガス分析とは?基準値や読み方について

編集 ナースプレス編集部

Webサイト「ナースプレス」編集部

Np logo


血液ガス分析とは?血液ガスの主な基準値

血液ガス分析とは、血中に溶けている気体(酸素や二酸化炭素など)の量を調べる検査です。主に、$\rm{PaO}_{2}$、$\rm{SaO}_{2}$、$\rm{PaCO}_{2}$、$\rm{HCO}_{3}^{-}$、pH, BEがよくみられる項目です。

主な基準値
$\rm{PaO}_{2}$ (動脈血酸素分圧) 80〜100Torr
$\rm{SaO}_{2}$ (動脈血酸素飽和度) 96±2%
$\rm{PaCO}_{2}$(動脈血二酸化炭素分圧) 40±5Torr
$\rm{HCO}_{3}^{-}$(重炭酸イオン) 24mEq/L
pH 7.40±0.05
BE 0±2mEq/L

血液ガスでわかることは、主に以下の4つです。
1 酸素化
2 換気
3 代謝(腎機能)
4 酸塩基平衡

酸素化は$\rm{PaO}_{2}$、と$\rm{SaO}_{2}$で評価します。換気は、$\rm{PaCO}_{2}$で、代謝(腎機能)は$\rm{HCO}_{3}^{-}$、酸塩基平衡はpHで評価していきます。

血液ガスの基礎知識
Q1.血液ガスとは? 血液ガス分析で何がわかる?
第5回 血液ガスデータが意味すること
第1回 血液ガスの基礎知識Q&A[その1]



CONTENS

血液ガス分析とは
まずは血液ガス関連の用語を覚えよう
血液ガスで酸素化を評価しよう
 PaO2が低いとき
 PaO2が高いとき
血液ガスで換気を評価しよう
酸塩基平衡を評価する



まずは血液ガス関連の用語を覚えよう

血液ガス分析を難しいと思う看護師は多いようです。その1つの原因となっているのが、意味がすぐにわからない用語が出てくること。分圧、アシドーシス、アルカローシス、代償など、血液ガス分析をケアに活用する上でこれらの用語について、どういう状態のことをいうのか、どういう意味なのかを知っておくことも大切です。

主な用語   
緩衝作用 細胞機能を守るためにpHの変化を弱めて、元の状態を維持使用とする働き
代償作用 酸塩基平衡異常がおきたときに、CO2の排泄量とH+とHCO3-の排泄量を調整しpHのバランスを維持しようとする作用
分圧 その気体が1気圧内に占める量(割合)を示したもの
アシドーシス 体内が酸に傾く病態があること
アシデーミア 血液が酸性の状態であること
アルカローシス 体内がアルカリに傾く病態があること
アルカレミア 血液がアルカリ性の状態であること

血液ガス分析で用いられる用語
酸素分圧って何ですか?
[血液ガスQ&A]記号の覚え方のコツはありますか?
第4回 【血液ガスの基礎知識Q&A】CaO2の値はどんなときに見る? アシドーシスとアシデーミアの違い
アシドーシスとアルカローシスの基礎知識
第4回 代償のメカニズムと代償反応のポイント
第3回 緩衝のメカニズム


血液ガスで酸素化を評価しよう


PaO2が低いとき

酸素化の評価は、$\rm{PaO}_{2}$と$\rm{SaO}_{2}$で評価していきます。臨床では、パルスオキシメーターを用いて測定する経皮的動脈血酸素飽和度($\rm{SpO}_{2}$)を用いることもあります。

$\rm{PaO}_{2}$が低い場合は、低酸素状態が疑われます。ただし、一般の病棟では血液ガスデータを取ることはそう多くはないでしょう。その場合は、$\rm{SpO}_{2}$の値で評価していきます。酸素解離曲線で見てもわかるように、$\rm{SpO}_{2}$が低下していると、$\rm{PaO}_{2}$も低下していると考えられます。

低酸素状態が考えられるときは、以下の手順でアセスメントをしていきます。
1 患者さんの様子を観察する:$\rm{SpO}_{2}$が93%以下になると顔色が悪いなど、見た目でも推測できることがあります。患者さんの様子を観察し、さらに呼吸回数、脈拍などのバイタルサインを確認し、顔色や疼痛の有無などを確認します。

2 データの信頼性を確認する:$\rm{SpO}_{2}$が低くても患者さんに異常がない場合は、$\rm{SpO}_{2}$が正しいかどうかの評価をします。

患者さんが低酸素状態になっている原因には、大きく分けて以下の4つが考えられます。
1 肺胞低換気になっている
2 換気血流皮の不均衡(V/Qミスマッチ)
3 シャントがある
4 ガス交換障害がある

患者さんに起こっている低酸素の原因がどれに当てはまるのかをアセスメントして、それぞれにあったケアを行っていきます。

PaO2が低いとき
「PaO2が低いとき」のアセスメントのポイント
第5回 PaO2とSaO2で評価する
第7回 PaO2低下のときのケア
酸素化の指標、SpO2・SaO2・PaO2とは?
酸素解離曲線を理解しよう
最終回 3大疾患でSpO2が低下する原因のメカニズム


PaO2が高いとき

$\rm{PaO}_{2}$が高くても一般的には問題となりませんが、酸素投与している患者さんの$\rm{PaO}_{2}$が高い場合は過剰な酸素を投与していることになります。また、近年では、高濃度の酸素投与により高酸素性肺障害が起こるともいわれています。

患者さんの$\rm{PaO}_{2}$が高い場合は、アセスメントをし、酸素投与をしているのであれば、適切な量に調整しましょう。

SpO2が高いとき
第8回 PaO2が高いときのアセスメントとケア


血液ガスで換気を評価しよう

呼吸不全などにより、呼吸状態が障害されるとCO2の排泄が阻害され、$\rm{PaCO}_{2}$の値が上昇し、高二酸化炭素血症となることがあります。$\rm{PaCO}_{2}$が上昇している場合は肺胞低換気、$\rm{PaCO}_{2}$が低下している場合は肺胞過換気であるといえます。

換気の評価
第3回 血液ガスデータで呼吸状態を評価する


酸塩基平衡を評価する

pHは身体の恒常性を評価するのに欠かせない指標です。このpHは$\rm{PaCO}_{2}$と$\rm{HCO}_{3}^{-}$によって調節されています。

pHの異常には以下の4つがあります。
●呼吸性アシドーシス
●代謝性アシドーシス
●呼吸性アルカローシス
●代謝性アルカローシス
これらは患者さんの全身状態や血液ガスのデータなどを見ながら、アセスメントしていきます。
例えば、$\rm{PaCO}_{2}$だけが突出して高値である場合はわかりやすいですが、代償作用が働いていると、まずそもそも$\rm{PaCO}_{2}$と$\rm{HCO}_{3}^{-}$のどちらが下がったのか、代償作用によって上昇したのはどちらかといったことを見ていくのが難しくなります。

pH異常のケア
呼吸性アシドーシス 換気を改善させる
代謝性アシドーシス 腎臓またはその他の代謝異常があると考えられる。原因究明・診断を行い、原因に合ったケアを行う
呼吸性アルカローシス 過換気を是正する
代謝性アルカローシス 嘔吐や利尿薬にしようなど、原因となっている症状への対応をする

pHの評価
第9回 pHとPaCO2とHCO3-との関係
第14回 4つのpH異常を知る!
第16回 pH異常の評価のしかた
第11回 PaCO2とHCO3-の代償作用



上へ