お気に入りに登録

【連載】認知症の基礎知識

認知症の診断

解説 一宮 洋介

順天堂大学医学部附属順天堂東京高等高齢者医療センター 副院長・メンタルクリニック 教授

Ninchi

認知症の診断方法

 認知症の診断の第一歩は原因疾患の鑑別を行い、治療可能な認知症を除外することです。このとき、意識障害であるせん妄、老人性うつ病との鑑別も重要です。治療可能な認知症には慢性硬膜下血腫、正常圧水頭症、梅毒などの炎症性疾患、髄膜腫などの腫瘍性疾患があります。これらは原因となる疾患を治療することで回復が可能となります。
 認知症の診断は、認知機能検査や神経学的所見などによる臨床症状の評価と、血液検査、画像診断、脳波検査、病理所見などの臨床検査によって行われます。

臨床症状の検査

 認知機能の検査法には改訂 長谷川式簡易知能評価スケール(HDS-R)や、ミニメンタルステート検査(MMSE)などがあります。

>> 続きを読む