お気に入りに登録

【連載】認知症の基礎知識

4大認知症の特徴・症状・経過

解説 一宮 洋介

順天堂大学医学部附属順天堂東京高等高齢者医療センター 副院長・メンタルクリニック 教授

Ninchi

代表的な認知症とその特徴

代表的な認知症には、発症率の高い順からアルツハイマー病、脳血管性認知症、レビー小体型認知症、前頭側頭型認知症があり、これらを4大認知症といいます。

特にアルツハイマー病は脳変性疾患の約60%を占め、現在日本で最も頻度の高い認知症となっています。もともとは脳血管性認知症が日本における認知症の代表格でしたが、1990年に逆転しました。これは人口の高齢化、生活様式や食生活の欧米化、高血圧治療の普及などによる脳血管障害のリスクファクターの減少などが影響していると考えられます。

アルツハイマー病

どんな認知症?

 1906年、ドイツの精神科医であるアロイス・アルツハイマーが、死亡した51歳の女性の脳に、老年痴呆と同じ老人斑や、神経原線維変化を認めた症例を報告しました。その後も同じような症例がいくつか報告され、クレペリンによって教科書「精神医学」の中で初老期に痴呆を生ずるアルツハイマー病と命名されました。当初は、初老期痴呆のアルツハイマー病と老年痴呆に区別されていましたが、最近ではこれらをまとめてアルツハイマー病といい、そのなかで早発性と晩発性に分類しています。

>> 続きを読む