看護師の仕事に役立つ情報、技術が学べるサイト -スキルアップに役立つ情報をお届けします-

【連載】認知症の基礎知識

4大認知症の特徴・症状・経過

Ninchi

レビー小体型認知症

どんな認知症?

 脳の変性疾患のなかでは、アルツハイマー病に続いて多い認知症で約20%を占め、認知症全体では3番目の頻度で認められます。大脳皮質や扁桃核、黒質、青斑核などにレビー小体という封入体が多数出現することから、レビー小体型認知症と呼ばれます。大脳の神経細胞を障害して起こるパーキンソン症状と、大脳皮質に出現して起こる認知症を合併するのが特徴です。

 臨床診断基準は中心症状として社会生活の正常な営みが障害される進行性の認知機能障害があることです。また、①認知機能の症状に変動性がみられる、②夢でもみているようなリアルな幻視、③パーキンソニズム、といった症状のうち1つまたは2つが認められるものとしています。

症状と経過は?

 症状はアルツハイマー病と非常によく似ていますが、アルツハイマー病では側頭葉と頭頂葉の血流が低下するのに対し、レビー小体型認知症の場合は、後頭葉の血流も低下します。物忘れだけでなく、このような特徴がみられたらレビー小体型認知症を疑います。

 初老期や老年期に発症し、慢性・進行性の経過をたどります。進行が速いものは1~4年で末期に至り、筋固縮や無動を呈するようになります。

前頭側頭型認知症

どんな認知症?

 前頭側頭型認知症には前頭葉側頭葉にピック細胞やピック球を認めるピック型、ピック球をもたず皮膚表層の海綿状変化が認められる前頭葉変性型、そして運動ニューロン疾患型などがあります。アルツハイマー病では大脳全体がびまん性に萎縮するのに対し、前頭葉と側頭葉が萎縮するのが特徴です。前頭葉が障害されると
発動性の低下や衝動、側頭葉が障害されると言語障害などが生じます。欲動的脱制止は前頭葉や側頭葉の障害で生じると考えられています。

症状と経過は?

 脳変性疾患の約5%を占める珍しい疾患で、50~60歳代の初老期に発症します。初期には物忘れは目立たず、落ち着きがないなどの人格の変化や、万引きなどの反社会的行動から症状が始まることがあるので注意が必要です。進行すると常同行動など行動の変化がみられ、同じ言葉や動作の繰り返しが出現します。さらに病状が進行すると、失語状態となり、末期には高度の認知症の症状が現れます。

(ナース専科マガジン2014年2月臨時増刊号より転載)