お気に入りに登録

第32回 日本静脈経腸栄養学会学術集会開催

平成29年2月23日(木)~24日(金)の2日間、第32回日本静脈経腸栄養学会学術集会が岡山市にて開催されます。

テーマ

ALL FOR A PATIENT―すべては患者さんのために―

会長

平井敏弘(川崎医療福祉大学医療技術学部 臨床栄養学科 特任教授)

副会長

寺本房子(川崎医療福祉大学 臨床栄養学科 教授)

内容

会長講演
「がん治療における支持療法としての栄養療法」

特別講演
「地方創生と地域包括ケア」
唐澤 剛(内閣官房まち・ひと・しごと創生本部事務局 地方創生総括官)

教育講演
【看護分野】
「いのちの源を支えるケア ~”食べることは生きること”を支える」
石垣靖子(北海道医療大学 名誉教授)

【薬剤師分野】
「輸液フィルターの有用性」
東海林 徹(日新薬品株式会社 学術情報部)

「薬剤師への期待」
東口髙志(藤田保健衛生大学医学部 外科・緩和医療学講座)

【栄養士・管理栄養士分野】
「栄養アセスメントと栄養診断」
中村丁次(神奈川県立保健福祉大学 学長/公益社団法人日本栄養士会 名誉会長)

シンポジウム
1.超高齢者の QOL を考慮した栄養サポート
2.地域包括ケアシステムにおける多職種連携
3.嚥下障害患者の栄養療法
4.胃瘻と経管栄養による管理について再び考える
5.真のチーム医療をめざして
6.周術期の免疫栄養療法
7.ERAS に基づく栄養管理(下部消化管)
8.がん悪液質に対する予防と治療
9.がん患者の適切な栄養評価
10.がん化学療法・放射線療法における栄養支持療法
11.重症患者の栄養療法ガイドライン
12.ERAS に基づく栄養管理(上部消化管)
13.リハビリテーションにおける栄養療法

ほか

会場

岡山シンフォニーホール/岡山市民会館/ホテルグランヴィア岡山
ANAクラウンプラザホテル岡山/岡山コンベンションセンター/岡山国際交流センター
おかやま未来ホール/岡山シティミュージアム/ラヴィール岡山/岡山県医師会館

参加費(当日)

【一般】
会員:14,000円
非会員:15,000円

【学生】
会員:7,000円
非会員:8,000円

問い合わせ先

第32回日本静脈経腸栄養学会学術集会運営事務局(株式会社メッド内)
TEL:086-463-5344 FAX:086-463-5345
E-mail:jspen2017@med-gakkai.org

ページトップへ