お気に入りに登録

植え込み型除細動器の仕組みと適応となる疾患

解説 船﨑 俊一

埼玉県済生会川口総合病院 循環器内科 部長(兼務) リハビリテーション科 主任部長

Hunazaki sensei

Heart

ペースメーカーと似た機器に、植え込み型除細動器があります。適応となる疾患や、仕組みにも違いがありますので、しっかりと区別して覚えておきましょう。


植え込み型除細動器の仕組み

植え込み型除細動器(Implantable Cardioverter Defibrillator:ICD)はペースメーカーの機能に除細動の機能を加えたもので、心室細動や心室頻拍などの致死性不整脈に適応されます。近年、駅や公共施設に設置されている自動体外式除細動器(AED)を小型化したものをイメージするとわかりやすいです。

ICDは心拍数を監視しており、あらかじめ設定された基準に合致する頻拍が発生すると、それに応じた治療が自動的に行われます。ICDでは、抗頻拍ペーシングと電気ショックの2つの方法で不整脈の治療を行っています。抗頻拍ペーシングは、不整脈より少し速く心臓を人工的に刺激する方法です。しかし、心室細動は当然として、速い心室頻拍はペーシングでは止まらないことがあり、その場合は電気ショックが必要になります。心臓の筋肉に対して電気ショックを加えることで正常の調律に戻します。破たんした状態を元に戻すには、大量の電流が必要となり、ICDでは一度に大量の電気を流す機能を備えています。

ICDを埋め込む場所はペースメーカーと同様に、鎖骨の下方前胸部で、心室のみにリードを挿入する方法と、心房と心室の両方に挿入する方法があります。徐脈の合併症がなく、心臓の状態が良好な場合は、通常のペースメーカー機能は必要がないので、心室のみにリードを挿入する方法を選択します。
 

適応となる疾患

適応となるのは心室細動と心室頻拍を起こす疾患です。具体的には、男性の突然死が多いブルガダ症候群や、女性に多いQT延長症候群が知られています。また、心筋梗塞でも心室細動や心室頻拍を起こします。心室頻拍では動悸、冷汗、吐気などが生じます。心拍数の速い心室頻拍や心室細動では失神することがあり、最悪の場合は突然死に発展します。

ICDは無脈性心室頻拍や心室細動を察知して電気ショックを打つように設定されていますが、心臓の波形によって状態を判断するため、意識の有無まではわかりません。心室細動が起こった場合は10秒程度で意識がなくなるため問題はありませんが、心室頻拍の場合は意識がある状態で電気ショックがかかる可能性があります。しかし、条件を厳しくし過ぎると、今度は状態が悪くなってから電気ショックがかかることになってしまうので、条件の設定が重要になります。

適応となる主な疾患
ブルガダ症候群 若年~中年の男性に発症し、夜間に心室細動を引き起こし突然死する遺伝性の疾患
QT延長症候群 女性に多く発症し、心電図に T 波の形態異常と共にQTの延長があり、多形性心室頻拍や心室細動を起こし、めまいや失神、突然死を起こす疾患
心筋梗塞 心臓に栄養を運ぶ冠動脈がつまり、心筋が壊死してしまう疾患