弁膜症の原因と症状

解説 船﨑 俊一

埼玉県済生会川口総合病院 循環器内科 部長(兼務) リハビリテーション科 主任部長

 心臓にある弁が正しく機能しなくなった状態を弁膜症といい、大きく分けて狭窄症と閉鎖不全症があります。狭窄症では、弁の開きが悪くなり血流が滞ります。閉鎖不全症では、弁が完全に閉じないために、血液の逆流が生じます。心臓には4種類の弁があるので、それぞれに狭窄症と閉鎖不全症があります。ただし、どの弁に異常が起こるかによって体に与える影響は違うので、どの弁に問題が起こった時に注意しなければいけないか、しっかりと押さえておきましょう。


▼心不全の看護について、まとめて読むならコチラ
心不全の看護|原因、種類、診断、治療


弁膜症の原因

 心臓には、三尖弁、肺動脈弁、僧帽弁、大動脈弁の4種類の弁があります。それぞれの弁は心室の拡張と収縮に合わせて開閉し、血液の逆流を防ぎ、一方向に血液が流れるようにしています。

 衛生環境の整った今の日本での弁膜症の原因の多くは動脈硬化を背景としています。動脈硬化が起きると、心臓の壁自体が痛みやすくなり、心臓から血液を送り出す際に圧力がかかり、その負荷が過剰になると変性し、硬くもろくなります。硬くてもろくなると、圧力がかかったときに裂けめができます。そういった小さな変化が何年も蓄積されることで弁膜症に発展します。中には交通事故などでハンドルが胸に当たって心臓の筋肉に異常が生じて弁膜症が起きることもありますが、非常に稀なケースです。また、僧帽弁逸脱症に伴う僧帽弁閉鎖不全症は、胸骨と脊柱の距離が近い痩せた体型の人に起こりやすいという特徴があります。

心臓の弁の位置
図 心臓の弁の位置

弁膜症の症状

 弁膜症の症状は場所によって変わりますが、基本的には心不全が起こります。心不全には右心不全と左心不全があります。右心不全を起こすと、顔や足などがむくんできます。左心不全では呼吸が苦しくなります。

僧帽弁弁膜症

 僧帽弁は、左心系の弁なので、閉鎖不全が起こると、肺にうっ血が生じてガス交換に支障が起きます。そのため、呼吸が苦しくなります。特に僧帽弁の閉鎖不全症と狭窄症は、左心房での血流うっ滞が直ちに肺静脈、そして肺自体にうっ血をきたすため、異常が起こってから症状が出るまでの期間が短いことが知られています。比較的軽症で早期な状態でも労作で呼吸が苦しいなどの症状が現れます。ただし、病気自体の進行は非常に遅いため、症状が出始めてから手術適応になるまでには20年かかるといわれています。

大動脈弁弁膜症

 大動脈弁は、左心系の弁なので、閉鎖不全が起こると、最終的には肺にうっ血が生じてガス交換に支障が起きます。大動脈弁に異常が起こった場合には、僧帽弁疾患と異なり、なかなか症状が現れません。構造的に、大動脈弁と肺との間に僧帽弁があるので、大動脈弁に異常がある場合でも、僧帽弁がしっかりしていればかなり重症化しない限り、肺には逆流せず、うっ血が生じないため呼吸困難は生じません。大動脈弁が著しく悪くなって初めて、僧帽弁でもカバーしきれなくなるので、症状が出た時は手術適応の可能性があると言えます。

その他の弁膜症

 弁膜症の中で三尖弁、肺動脈弁などの右心系の弁膜症では先天性でなければ通常あまり大きな問題は起きません。三尖弁では、閉鎖不全症でも狭窄症でも、心臓に血液が戻りにくくなるので、むくみが起こります。

大動脈狭窄症は突然死のリスクを伴う

 大動脈弁は全身に血液を送り出し、逆流しないようにしている弁なので、重症の大動脈弁狭窄症で大動脈弁が十分に開かなくなると全身に血液を送り出すことができなくなります。血液を送り出せないと、全身、特に脳に酸素を運ぶことができないため、通常よりも更に強い圧力で血液を送り出そうとし、心筋には通常よりも大きな負荷がかかります。

 負荷がかかり続けると筋肉がどんどん肥厚し、ある程度までいったところで力んだり、重いものを持つなどの刺激が加わると、心臓が圧力に耐えられなくなり、心停止状態となります。この状態になると、弁は硬く閉じているため、心臓マッサージをしても血液を送り出せないので、蘇生効果は期待できません。この病態は流出路閉塞型の肥大型心筋症と同様です。これら2つの疾患は、胃や肺、大腸あるいは耳鼻科、眼科などの非心臓手術をした際にも問題になります。病態自体に急変リスクがあり、非心臓手術後の突然死は、この2つの疾患が多いといわれています。

 看護師は、患者さんの状態管理をし、患者さんを一番近くで見ています。そのため、注意して観察していると、この疾患に気付く可能性があります。大動脈弁狭窄症は、右胸骨の第二肋間に聴診器を当てるとザーザーという雑音を聞くことで診断できます。あまり聴診器を使わない診療領域の医師もいるため、看護師がこの役割を担うことで高齢者の突然死を減らすことができるのでは、と考えています。

ページトップへ