お気に入りに登録

【連載】ナースのための消化器ケアに役立つ基礎知識

がん化学療法の副作用ー食欲不振、悪心・嘔吐へのケア

監修 犬飼道雄

岡山済生会総合病院 内科 医長

執筆 稲葉温子

岡山済生会総合病院 がん化学療法看護認定看護師

Main compression

化学療法に伴う悪心・嘔吐

副作用が生じるメカニズム

嘔吐に関する中枢は、延髄の網様体にあります。第4脳室底の最後野に存在する化学受容体誘発帯(CTZ)が刺激を受け、その刺激が延髄にある嘔吐中枢に伝達されることで、悪心・嘔吐が起こります。また、治療や嘔吐に対する不安などが大脳皮質を刺激し、悪心・嘔吐が誘発されることもあります(図1)。

1)抗がん剤→直接CTZへ刺激→嘔吐中枢刺激→悪心・嘔吐
2)抗がん剤→活性酸素産生→小腸クロム親和性細胞からセロトニン分泌→5-HT3(セロトニン)受容体に結合→CTZへ刺激伝達→嘔吐中枢刺激→悪心・嘔吐
3)抗がん剤→サブスタンスP分泌→CTZや嘔吐中枢にあるNK1受容体に結合→嘔吐中枢刺激→悪心・嘔吐
4)嘔吐に対する不安など精神的要因→大脳皮質刺激→嘔吐中枢刺激→悪心・嘔吐

副作用が生じるメカニズムのイラスト図
図1 副作用が生じるメカニズム

>> 続きを読む