【連載】ナースのための消化器ケアに役立つ基礎知識

がん化学療法の副作用ー食欲不振、悪心・嘔吐へのケア

監修 犬飼道雄

岡山済生会総合病院 内科 医長

執筆 稲葉温子

岡山済生会総合病院 がん化学療法看護認定看護師

Icon

化学療法に伴う悪心・嘔吐

副作用が生じるメカニズム

嘔吐に関する中枢は、延髄の網様体にあります。第4脳室底の最後野に存在する化学受容体誘発帯(CTZ)が刺激を受け、その刺激が延髄にある嘔吐中枢に伝達されることで、悪心・嘔吐が起こります。また、治療や嘔吐に対する不安などが大脳皮質を刺激し、悪心・嘔吐が誘発されることもあります(図1)。

1)抗がん剤→直接CTZへ刺激→嘔吐中枢刺激→悪心・嘔吐
2)抗がん剤→活性酸素産生→小腸クロム親和性細胞からセロトニン分泌→5-HT3(セロトニン)受容体に結合→CTZへ刺激伝達→嘔吐中枢刺激→悪心・嘔吐
3)抗がん剤→サブスタンスP分泌→CTZや嘔吐中枢にあるNK1受容体に結合→嘔吐中枢刺激→悪心・嘔吐
4)嘔吐に対する不安など精神的要因→大脳皮質刺激→嘔吐中枢刺激→悪心・嘔吐


図1 副作用が生じるメカニズム

発現時期による分類

化学療法中に生じる悪心・嘔吐は、出現する時期により以下のように分類されます。

●急性悪心・嘔吐
化学療法開始後24時間以内に出現する悪心・嘔吐
●遅発性悪心・嘔吐
化学療法開始後24時間以降に出現し、2~5日程度続く悪心・嘔吐
●予期性悪心・嘔吐
以前の化学療法による悪心・嘔吐の経験から、治療開始前に悪心・嘔吐が出現する
●突出性悪心・嘔吐
制吐剤の予防投与を行っていても出現、継続する悪心・嘔吐。抗がん剤によるものか、それ以外の原因との鑑別が必要

副作用の原因

悪心・嘔吐は抗がん剤の使用により引き起こされるケースが多いため、抗がん剤やレジメンごとに、以下のようにリスク分類されています。

抗がん剤・レジメンの催吐リスク分類1)

●高度催吐性リスク(催吐頻度>90%)の場合
薬剤・レジメンは、シスプラチン、5-FU/CDDP、S-1/CDDP、FOLFOXIRI、FOLFOXIRINOX、など
●中等度催吐性リスク(催吐頻度30~90%)の場合
薬剤・レジメンは、イリノテカン、オキサリプラチン、GEM/CDDP、FOLFORI、IRIS、FOLFOX、ZEROX、SOX、GEM/アブラキサン、など
●軽度催吐性リスク(10~30%)の場合
薬剤・レジメンは、ゲムシタビン、ドセタキセル、パクリタキセル、アブラキサン、フルオロウラシル、カペシタビン、UFT、TS-1、など
●最小度催吐性リスク(<10%)の場合
薬剤・レジメンは、セツキシマブ、トラスツズマブ、パニツムマブ、ベバシズマブ

抗がん剤以外に考えられる原因として、これまでの治療での悪心・嘔吐の経験や、治療への不安が強いこと、性別では、女性のほうが男性よりもリスクが高いとされています。妊娠悪阻が強かった人なども悪心・嘔吐が出現しやすいといわれています。

また、がん患者さんの場合、癌性イレウスや脳転移、オピオイドの副作用による便秘など、病状の進行による影響にも注意が必要です。