お気に入りに登録

【連載】ナースの体調管理に役立つ! ハーブ&アロマケア

第19回 冷え性に役立つハーブ&アロマ(2)実践編

監修 林 真一郎 (はやし しんいちろう)

グリーンフラスコ研究所 代表・薬剤師、東邦大学薬学部客員講師

執筆 今 知美(こん ともみ)

グリーンフラスコ研究所 保健師・看護師・公衆衛生学修士 JAMHA認定ハーバルプラクティショナー

Icon green

看護や臨床の世界で関心度が高まるメディカルハーブとアロマセラピー。医薬品には、古来より植物療法として用いられてきた成分を単離・合成したものが多くあります。現代においても自然に近い形で植物を取り入れていくことで、身体への負担の少ない緩やかな働きかけが期待されています。
医療の現場では、補完・代替療法として在宅医療、介護に。また病棟でも緩和ケアの場面などで活用されてきています。
本連載では、メンタル面も肉体的にもハードな仕事をもつナースのみなさんの体調管理に、また心身の不調に合ったハーブ・アロマのセルフケアの活用法についてご紹介します。


今回は、前回にご紹介したハーブとアロマの活用法です。セルフケアで冷え性の予防や改善に役立てましょう。

冷え性予防や改善に役立つハーブティーのケア

ハーブティーのレシピをご紹介します。熱湯200ml(1杯分)に対しての小さじ量(サフランだけ別表示)を表記してます(もし味が濃く感じる場合は、ハーブの量をお好みに調整していただいても結構です)。淹れ方は、第7回も参考にしてください。

サフランのハーブティー

サフランのハーブティー

サフランは雌しべの柱頭という部位を使いますが、1つの花から2~3本程度しか取れないため、非常に高価なハーブです。ハーブティーでは熱湯200mlに対し、10本程度入れて飲みます。キレイな黄金色のハーブティーになります。

【ハーブブレンドレシピ】
・サフラン:10本、ジャーマンカモミール:1
・ジャーマンカモミール:1、リンデン:1
・ルイボス:1、ジンジャーパウダー:1



>>次のページでは、冷え性予防や改善に役立つアロマケアをご紹介します。

ページトップへ