お気に入りに登録

【連載】現場で使える!英会話1分間レッスン

日帰り検査・手術後の声かけを英語でするには?(10)

執筆 佐藤まりこ

米国RN(Registered Nurse)

外国人患者さんに英語で対応できる? アメリカの医療現場で実際に使われている、患者さんにもすんなり伝わる簡単な医療英語をマスターしよう!


検査後・術後の状態管理・看護を実施することは、看護師の重要な役割の1つです。患者さんの不安や苦痛を軽減できるようなかかわりは、治療を受けた患者さんの満足度にも直結します。
そこで、これだけは知っておきたい! 日帰り検査・手術後の状態管理や看護に必要なフレーズを紹介します。
アメリカの病院で実際に使用されている術後シートの内容に沿って、内視鏡的ポリープ切除術(ポリペクトミー)施行後の術後管理をテーマとしますが、ほかの日帰り手術にも応用できる内容を紹介していきます。


本日のフレーズ

「先生から2~3日は消化の良いご飯・白パン・豆腐などの低残渣食を召し上がるよう指示があります。
繊維質の多い果物や生野菜は避けてください」

内視鏡的ポリープ切除術後の注意事項を(1)食事、(2)安静、(3)様子をみる症状と注意すべき症状、の3つに分けて説明していきます。今回は、手術後の食事制限による胃腸に優しい低残渣食について説明しましょう。

>>さて、みなさんはどう英語で表現しますか?

ページトップへ