お気に入りに登録

【連載】急変の判断と対応

腹痛を訴える患者さんへの問診・急変対応

執筆 山下 将志

聖マリアンナ医科大学病院 救命救急センター・熱傷センター 集中ケア認定看護師

Kyuhen

患者さんが急に腹痛を訴えだしたとき、どう対応すればよいのかを解説します。


【目次】

※「腹部9区分と予測されるおもな疾患」以下の閲覧はログイン(登録無料)が必要です。


緊急度・重症度の判断をする

1.第一印象とバイタルサインから判断する

患者さんの様子についての第一印象から、意識状態、顔面蒼白、浅く・速い呼吸、苦悶様表情、丸まった姿勢、発汗などを観察します。

バイタルサインでは、脈拍数やリズム、冷感、皮膚の湿潤などを、患者さんに触れて五感を用いて観察し、ショック状態の有無を判断します。ショック初期には血圧は維持されていることがあるため、数値に頼らずに第一印象や身体所見からショックの存在を評価することが重要になります。発熱は、腹膜炎や敗血症などを示す重要な指標となるので、必ず測定します。

2.病歴を聴取する(問診)

バイタルサインが落ち着いていれば、詳細な病歴を聴取します。病歴の聴取は、痛みの特徴(現病歴)、随伴症状、既往や手術歴について聴取します。多岐にわたる腹部疾患の緊急度・重症度を判断するためには、疼痛について系統的に聴取することが重要です。図1に示すように腹痛の部位によって疾患を予測することができます。

>> 続きを読む
ページトップへ