お気に入りに登録

【連載】訪看ステーション「よつば」の公開カンファレンス

CASE12 神経質で細かい要求が多く、ヘルパーが疲弊してしまったケース【1】

執筆 川上 加奈子(かわかみ かなこ)

株式会社のものも よつば訪問看護リハビリステーション 看護主任

Kawakami02

Yotuba02

困難事例12 ベッドのチリ1つで何度も呼ぶBさん


60歳男性のBさん。多発性硬化症により、現在ベッド上での寝たきりの生活。
82歳の母親との2人暮らしである。
細かいところが気になる性質である。ベッド上にあるチリ1つが気になり、1つひとつつまんでは、ゴミ箱を持ってこいとヘルパーや母親に要求するような言動がみられ、かなりの神経質である。
訪問看護では、主に摘便と尿道カテーテル管理を目的に週4回、訪問している。
看護師への要求も細かいが、ヘルパーにはもっと細かく、Bさんの要求の細かさについて行けずにヘルパーが疲弊し、どんどん辞めていく事態となり、急遽、担当者会議が開かれた。

担当しているヘルパーによれば、Bさんからの訴えは次のようであった。
ヘルパーA「ともかく要求が細かいんです。どんなにシーツのシワを延ばしても、『まだお尻が痛いからシワが残っているはずだ』と納得されなくて。本人の要求につき合っていたら、どんなに時間があっても足りません」
ヘルパーB「私は触っていないのに、触るなと怒られました。また、コップをちゃんと拭いてから渡しても、濡れてると文句を言われてしまうんです」
ヘルパーC「尿のチューブが痛いから位置を調整してほしいと言われて触ると、引っ張ったりなどしていないのに、チューブを引っ張ったと言われて困りました。痛くなったのは私のせいだと言われ、チューブを触るのさえ嫌になります。『気にしすぎるから痛くなっているだけなんじゃないですか?』と、思わず言ってしまい激怒されました。

他にもヘルパーからの不満の訴えはかなり多かったため、よつばでは、彼らヘルパーにどんなアドバイスをすればよいか、カンファレンスすることとなった。

>> 続きを読む