お気に入りに登録

【連載】ナースのための消化器ケアに役立つ基礎知識

腹腔穿刺・胸腔穿刺とは?

監修 犬飼道雄

岡山済生会総合病院 内科 医長

執筆 奥谷大介

岡山済生会総合病院 外科 医長

【目次】

※「◆必要物品の一例」以下の閲覧はログイン(登録無料)が必要です。


腹腔穿刺・胸腔穿刺とは

腹腔内に針を刺すことを腹腔穿刺、胸腔内に針を刺すことを胸腔穿刺といいます。穿刺により、以下のことが可能となります。

  • 内容物を採取することで性状の確認や診断をすることができる 
  • 内容物を排出することで腹部膨満感や呼吸困難感などの軽減を図ることができる
  • 薬物を注入することで治療ができる

なお、腹腔穿刺では貯留内容物が液体であるのに対し、胸腔穿刺では空気の場合もあります。

腹腔穿刺・胸腔穿刺の流れとケア

腹水穿刺・胸水穿刺の概念や流れを理解し、穿刺前・中・後にするべきことをイメージします。

穿刺前

穿刺前に行うことは大きく2つあります。1つは患者さんが安心して検査・治療を受けられるように環境を整えることです。患者さんや家族に具体的な流れや方法を説明し、寄り添う姿勢を示すことが重要です。もう1つは必要物品の確認と準備することです。必要物品の一例を以下に示します。

◆必要物品の一例

>> 続きを読む
ページトップへ