お気に入りに登録

【連載】手術室看護の基本を知ろう!

手術室看護とは?手術室看護師に必要なこと

執筆 佐藤大介

東北医科薬科大学病院 手術部 手術看護認定看護師

手術室看護師の役割とは

 周術期とは「患者が手術療法を選択するか否かに関する看護から、手術前・手術中・手術後を経て退院するまでの一連のプロセスに関わる看護(引用・参考文献1)」とされ、その上で「看護師は健康上の問題をもった人々が心身ともに自立できることを支援する専門職であり、患者さんの苦痛を軽減し、安全・安楽を保障することが看護の基本原則である(引用・参考文献2)」とされています。患者さんが安全・安楽に手術を受けられるように、正しい知識を身に付け、常に最新の技術を円滑に提供できるようにすることが看護師の役割です。

 一般的に手術を受ける患者さんはそれまで送ってきた日常が一変し、今後の生活に対する不安などさまざまな問題が起こります。また人それぞれで個別性があり、緊急手術となるとさらに多くの問題が起こり得ます。強い緊張状態や不安、手術中意識のない患者さんの声にならない訴えに耳を傾け、代弁者となり、患者さんの立場に立って考える必要があります。手術を受けることは一生に一度あるかないかの出来事という人も多いでしょう。患者さんは執刀する外科医、手術室看護師に自分の運命を預けなければなりません。その期待に応えることが手術室看護師として大きな役割と言えると思います。

患者さんの不安軽減に努める

 手術室看護師は術前訪問などを行い、医師からの説明や患者さんや家族がどのような思いでいるのか、手術に対する援助だけではなく手術を受ける前から受けた後まで、一つの流れとして看ていく必要があります。術前訪問では患者さんの既往歴やアレルギーの有無など全身状態のアセスメント、手術を受け入れる心理状況、手術当日の流れなどの説明などを行い、患者さんが少しでも安全・安楽に不安が軽減できるようにアプローチしていきます。また、患者さんの個別性とニードに合わせた看護計画を立案し、必要時追加しながら看護を実践していきます。

器械出し看護師と外回り看護師の違いとは

手術中は主に器械出し看護師と外回り看護師の二つの役割があります。

>> 続きを読む
ページトップへ