お気に入りに登録

【連載】心不全と呼吸不全のアセスメント

心不全患者さんの浮腫(むくみ)をアセスメント

解説 小田 真澄

榊原記念病院 慢性心不全看護認定看護師

Kokyu shinhuzen

どんな訴え・症状なの?

●足背など下肢のむくみ
●身体のだるさなどは感じるものの、感覚が鈍り、患者さん自身は自覚がないこともある
●血管やリンパ管から浸み出した水分が、皮下組織に貯留して起こる
●歩行可能な患者さんは、重力の影響で下肢から起こる
●臥床している患者さんは、背部や陰部、特に仙部や陰嚢にみられる

どのようにみていけばいいの?

浮腫をみるときには、まず全身性か局所性かをみます。心不全が原因の場合には、全身性の浮腫がみられます。全身性の浮腫には、ネフローゼ症候群などの腎疾患、肝不全、肺高血圧症やCOPD、甲状腺機能低下症などが原因の場合もあります。したがって、これら疾患との鑑別が必要になります。

心不全による浮腫の特徴は下肢の浮腫です。特に、夕方になると目立ってきます。心機能が低下していると、静脈還流が低下し、重力によって血液やリンパ液が下肢に貯留してしまうのです。

また、指で押したときに痕が残る圧痕浮腫なので、足首や前頸骨部を指で押して確かめ、アセスメントスケールで評価します。さらに、チアノーゼ、呼吸困難、尿量減少などの随伴症状の有無も確認します。

いつ頃から出現したのかも大切な確認項目ですが、自覚症状のない人の場合は、「今まで履いていた靴が履けますか?」「足に靴下のゴム跡がつきませんか?」など、具体的に聴いていきます。患者さんと一緒に浮腫であることを確認しながら、出現時期を確かめていきます。

急に浮腫が出現した場合には、急性心不全の疑いがあります。逆に、浮腫が長期にわたると、皮膚に発赤や硬化、色素沈着をきたします。

また、数日間のうちに2kg以上の体重増加があったら、水分貯留(浮腫)の可能性があります。定期的な体重測定も重要になります。

>> 続きを読む