お気に入りに登録

【連載】心不全と呼吸不全のアセスメント

パルスオキシメーターによる動脈血酸素飽和度(SpO2)とは

解説 松本 幸枝

榊原記念病院 急性・重症患者看護専門看護師 救急看護認定看護師

Kokyu shinhuzen

動脈血酸素飽和度とは

酸素化の指標に一つに、動脈血酸素飽和度があります。動脈血酸素飽和度は、動脈血中の総ヘモグロビンのうち、酸素と結合したヘモグロビンが占めている割合です。酸素の大部分は血液中のヘモグロビンと結合して全身に運搬されるため、この動脈血酸素飽和度をみることで酸素がどのくらい血液中に供給されているかを確認することができます。

動脈血酸素飽和度は血液ガス分析において測定されますが、パルスオキシメーターを使い、経皮的に測定することができます。血液ガス分析において動脈血を直接測定した場合の動脈血酸素飽和度を$\rm{SaO}_{2}$、パルスオキシメーターで経皮的に測定した動脈血酸素飽和度を$\rm{SpO}_{2}$といいます。

>> 続きを読む
ページトップへ